ニータンおめっ!(大分2-0清水)
シャムスカはいい監督だと思う。彼のチームは組織的な守備が出来るし、少々荒っぽくなってしまうこともあるがwみなファイトする選手ばかりだ。若手の力を引き出してやるのもうまい。でもシャムスカといえど、選手が揃わないことには戦えない。
大分の転機は、昨シーズン不振に喘いでいた時に起こったゴール裏サポーターの居座りだったのかもしれない。当時メディアでかなり否定的に報道されたりもしたが、クラブはサポの要求に応える形でミーティングの場を持つに至り、そしてフロントは奮起した。財政基盤が脆弱な地方の後発クラブというハンディもあって貴重な若手タレントを失いはしたが、このゲームでも勝因の一つなったセンターラインを充実させるなど的確な施策を実行した。
居座りそのものを肯定するつもりはない。でも、あの日ああいう形でサポーターが決起していなければ、今シーズンの躍進、そして今日の優勝があっただろうか。ふとそんなことを考えてしまう。酉サポのみなさん、本当におつかめさまでした。

(´-`).。oO(地方や後発クラブの芽を大切だよな...地元スポンサー増えるかな...)

---

モリシのゴールが見た~い

群を抜く運動量と献身さ。ピッチにいるだけで周りの選手が輝き始める。天賦の才能で90分間相手の嫌がるプレーを続けることができる、本当にサッカーのうまい選手だったと思う。
日本もお題目のように個の力が叫ばれ始めてからは、とくに代表ではこのタイプの選手の影が薄い。加茂さんからトルシエに至る一時期、当時はそんな言葉は流行っていなかったが、モリシはキーちゃんと共に日本らしさの象徴だったのだろう。

森島寛晃選手の現役引退について(セレッソ公式)

(´-`).。oO(オシムたんが伝えようとしてたことの象徴的な選手だったに...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-11-01 00:00 | Jリーグとか


<< あーあw(りばぽ1-2スパーズ) 飯(゚д゚)ウマー(チェルシー... >>