サガン鳥栖
「小さいからこそ何でもできる」 (スポナビ)

九州に行った時に評判のスタジアムを見てみたくなり、鳥栖スタジアムまで足を伸ばしたことがあります。田舎(失礼)の駅裏に個性的なスタジアムが、まさに荘厳というイメージをたずさえてそびえ立っていました。
このスタジアム、サッカー専用であることも素晴らしいのですが、満員になればアウェーチームにかなりの威圧感を与えるなと感じます。最近は儲け優先なのか、代表がこういう小さいスタジアムで代表の試合をすることがなくなりました。たまにはこういうスタジアムで試合すればいいのにと思います。
リンク先は今年から経営を引き継いだ新社長のインタビュー記事ですが、共感できることが多いので貼ってみました。まずは目先のバーレーン戦なのですが、こういうクラブが増えていけば裾野も広がり、日本は着実に強くなっていけると思うのです。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-06-03 18:17 | Jリーグとか


<< 日本1-0バーレーン(アウェー) 「個の力」 >>