オールスターなのか代表遠征なのか
代表よりオールスター優先、Jと協会合意(日刊スポーツ)

オールスターを代表の東欧遠征より優先するようです。
スケジュールが見事なダブルブッキング状態なので、
スポンサー様の顔を立てようとしているのかな。

 10月8日・ラトビア@ラトビア
 10月9日・オールスター@大分
 10月12日・ウクライナ@ウクライナ

自分は「せっかくの機会が(とくにウクライナ)・・・」という気持ちです。
2回ほどオールスターを見に行ったことがありますが、
お祭りとして楽しむためのもので、プレーの真剣度という面では物足りませんでした。

こういうくくり方は乱暴かもしれませんが、
サッカーでは各国のオールスターともいうべき代表戦がありますし、
チャリティマッチなどの例外を除けばオールスターをやっている国を思いつきません。

コアなサポの人や一般の人(とくに子供とか)は、どちらの試合を見たいのだろう。
想像するにいろんな立場の人がいそうです。
(ちなみに去年の視聴率はゴールデンで6.6%でした)

クラブありきだから国内のオールスター優先でいいじゃないか、
Jに興味を持つきっかけになるだろうし(←最近は海外組が増えたので疑問ですが)。
いや応援する選手が代表に選出され、定着するきっかけになって欲しい。
それとも主力選手は休養にあてて欲しい?とか・・・。

そして肝心の選手は、どちらの試合に出たいと思っているのだろう。
でもまあジーコが監督なので、新戦力を試すいい機会になるのかもしれませんね。
東欧での試合なので、欧州でプレーしている松井や大久保も呼ばれそうだし。

ただ今回の件、これがWCの2-3年前の話なら理解できるのですが、
WCまで1年を切って、チームの仕上げにかかる年です。
ジーコのチーム作りの方針とも相違しているように感じますし、
彼がどのような反応を示すのか少し楽しみです。

ACLの時も思ったのですが、そもそもどうしてこういう日程を組むんだろ。
あらかじめ国際Aマッチデーは分かっているのだから、
なんとかならなかったのかというのが正直なところです・・・。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-07-05 12:36 | Jリーグとか


<< 東アジア選手権メンバー発表 あらためてコンフェデ総括のようなもの >>