甲府と相馬教授と
ほんの短いダイジェストしか見てないけど、いろんなサイトを見ていると、
昨日の天皇杯、千葉vs甲府は、めちゃめちゃいいゲームだったようだ。

甲府は豊富な運動量で最後までラインを高く保ち、
ボールをしっかりつないで、攻撃的だったとか。
う~ん、オシムたん好みのフットボールだ。

あるサイトで公開されている動画を見たら、
オシムたんが甲府の大木監督と2分以上も立ち話をして、
甲府のフットボールを称賛していた(のだと思う)。

大木監督の試合後のコメントも(・∀・)イイ
清水にいたころはそれほど強い印象を受けなかったけれど、
いまやJ2でも屈指の攻撃型チームを指向しているとか。
(ふろん太ユースは見たことないや)

甲府のようなチームが上がってくれば、
リアクション・フットボールの面白さも増して、
Jも興味深いゲームが増えてくると思う。
実際に見たことないけど、なんだか応援したくなってきたなあ。

まだまだ千葉でやり残したことがあるでしょ>オシムたん

J's GOAL から大木監督のコメントを残しておこう。

「惜しいゲームをするのは簡単。やはり勝てなければいけない。」
「僕はサッカーはエンターテイメントだと言っている。それにふさわしいゲームをしなければならない。お金を払っている人がいるので、その価値があるゲームを見せなければいけない。そうしたらやはり戦力は絶対に落とせないですよね。うちは天皇杯も狙っていて、ぜひ勝ちたかった。だからベストメンバーです。これでJ2リーグ戦で負けたら、コンディションとかそういう問題ではない。それは力です。これでもし崩れるようなことがあれば、それはうちの力、実力です」

ふろん太の相馬直樹選手が引退(ふろん太公式)

これは悲しいよ( ´Д⊂ヽ
日本が初めてWCに出たメンバーなので思い入れが強いメンバー。

名波とのコンビでタイミングよくオーバーラップする姿が目に焼きついている。
歴代代表で、もっとも美しい左サイドだったと思う。

ぜひ指導者の道を歩んでもらいたいな(そんなこと言ってた記憶が...)。
相馬教授、長い間お疲れさまでした。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-11-10 20:38 | Jリーグとか


<< bj リーグ ナビスコ・ファイナルのレポ >>