小野と小笠原のこと
「バカヤロー、日本に帰ってくるなー!」なのだ。
でも Ono waits on Bolton move(Sky Sports) なんて記事が出てたけど、
ボルトンだとかなり微妙。
去年の夏もオファーの噂があったので、かなり評価されているとは思うのだけど・・・。

プレミアの各クラブがプレス重視のモダンなフットボールに変化していく中、
次の代表監督の呼び声も高いサムが率いるボルトンは、
80-90年代前半のキック&ラッシュの雰囲気を色濃く漂わすスタイルだ。
そして、タフで接触プレーが多いプレミアでもよりフィジカルを強調して戦っている。

さすがに中田英のようにウィング的な役割は期待されないだろうけれど、
サムが小野の特徴をどう生かすのか想像困難だし、やっぱり怪我のことが心配。
中村も同じだけど、スペインのクラブ財政が悪化しているのが痛いよなぁ。

そして小笠原がウエストハムのテストのために渡英しているとか。
メンバー構成的にレギュラーポジションがものすごく近いクラブだと思う。
でもハマーズって、前に某選手を露骨にシャツ売り要員だとか、
ビザがおりないと途端に練習生でとか言いだしたクラブだった記憶が・・・。

プレミアには日本のように司令塔なんて呼ばれるポジションは存在しないし、
下がって、パスもらって、キープして攻撃するプレースタイルは、受け入れられない。
そしてセンター(向いていると思わないけど)でなくても守備の要求は高いから、
攻守の切り替えの速さやフィジカル的な強さ、運動量が必要になる。

まずはハイテンポなプレミアに順応できるかどうかだけれど、
技術的に高いものを持っているので、慣れれば攻撃面はある程度やれそうな。
でも守備は、要求を満たせない選手だとは思わないけれど、苦労しそうだ。

フィジカルコンタクト嫌がってたらお話しにならないし、
簡単に倒れたり、プレーの流れ切ってレフェリーにアピールするのだけは止めてちょ。
応援する日本人として恥ずかしいから。

日本にとって重要な2人の選手、はたしてどうなるんだろ。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-01-06 18:47 | 欧州フットボール


<< 極上の決勝戦 横浜Mのこと >>