UEFAカップのセミ・ファイナル
ミドルスブラ4-2ステアウア・ブカレスト(どうやって見たかは・・・)

CLは2試合とも後半からだった。でも昨日は目覚ましもセットしてないのにばっちり目が覚め、特別思い入れのあるクラブでもないのに目がさえてしまう。

1stレグをホームで1-0で折り返したステアウア・ブカレストが、前半24分までに2点追加し、合計3-0になる。ボロが前半のうちに1点を返すが、決勝に進むためにはなお3点が必要。これはもうだめぽと、連日の睡眠不足を解消しようと布団にもぐりこむ。

ところがっ!起きてみたら4-2!ん、ん?!合計でも4-3で逆転してる!今夜はバルサ-ミランを見直そうと思ってたけど、急遽変更~。

後半、攻めるしかないボロが圧倒的にボールを支配。しかし逆にゴール前をしっかり固めたブカレストのカウンターに手を焼く始末。この時点では、もし起きていても逆転の可能性は感じなかっただろうな。

それでも勝利を信じる35000のファンが絶え間なく選手を鼓舞する。ようやく64分にヴィドゥカのヘディングで1点返すが、勝利のためにはまだ2点が必要。
ブカレストの10番がイエローカードをもらっても、「これで決勝に出られません」とかあたかも勝敗は決まったかのようなコメントが続くw。

72分にゴール前の混戦からゴールが生まれて、これで合計3-3。しかしまだアウェーゴールで負けている。その後も津波のような声援を受けて圧倒的にボールを支配するが、次のゴールが遠い。

刻々と迫るタイムアップを前に繰り返されるゴール前の攻防。大声援が悲鳴混じりとなった88分、ようやくミドルスブラの歴史を作るマッカローネのゴールが生まれた。

"Unblievable!!!Historical magnificent!!!" スタジアムのボルテージは最高潮に!奇跡としかいいようのないボロの逆転勝利は、これで2回目だ。時にサポーターはとんでもない力を選手に与えるが、試合後の両クラブのサポの表情がとても印象的だった。

やっぱりヴィドゥカ(オーストラリア代表)はいい選手。ボックス内で勝負できて、ポストもこなして、サイドに開いてのチャンスメイクにも走る。危険な場所、嫌な場所に顔を出す選手で、苦労しそうだな・・・。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-04-28 00:00 | 欧州フットボール


<< オシムたんのガッツ・ポーズに萌... そういうことだったのか。 >>