ウォームアップ・ゲーム
○クロアチア 2-2 イラン

おそらくはホームゲームだからなのだろう、この日のクロアチアは前掛かりだった。アルゼンチン戦のような組織的な守備からのカウンターという印象は薄く、かなり攻撃的な姿勢のゲーム運び。とくに後半はイランが守備的に戦ったので、地力に勝るクロアチアが明らかにゲームを支配していた。

実況アナが、クロアチアはある程度メンバーを固定し、選手交代も本番を想定したものだと言っていた。まさかこの時期になってモデルチェンジをしたとは考えられない。同じメンバーで守備的にも攻撃的にも戦えるのだろうが、バランスやゲームの落ち着きという点ではやはりカウンターがベースのチームだと感じた。

前線からガツガツくるのは同じだったが、その点を克服すれば日本もある程度パスを回せそうで、このクロアチアならなんとかなるかも?そんな期待をしてしまう内容だった。でも先制だけはされたくない相手だな。

94WCのオランダ vs ブラジルを見てみた。圧倒的な内容でベスト8に進出したブラジルに対し、一歩を腰を引かないオランダを急に思い出したから。日本はどんな戦いを見せてくれるのだろう・・・。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-05-29 00:00 | 欧州フットボール


<< 日本 2-2 ドイツ ウォームアップ・ゲーム >>