_| ̄|○
千葉が決定機を逃しているるうちにG大阪が本気になってしまった…なんてことはないだろうけれど、勝てば優勝という千葉と、勝っても優勝のないG大阪の差が出た感じ。千葉は勝利のためにゴールを狙いにいって隙をつかれた格好になった。

もちろん流れのよかった前半にゴールできていれば、まったく別の展開になったのだろう。でもG大阪に限らず、相手チームがかなり千葉のやり方に慣れてきたことが、Jでも勝ちきれない原因のようにも思える。

今日は自宅で見たが、内容的にはクルプニコビッチの出来がよかった初戦が一番よかったように思う。暑さによる疲労の蓄積が影響したのかもしれないが、従来のやり方に加えて、プニのような千葉の中では異質のプレーによるプラスアルファが必要になってきているのかもしれない。

(´-`).。oO(日本開催なのに他の国に優勝を譲るとは...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-08-08 00:00 | Jリーグとか


<< 日本 2-0 トリニダード・トバゴ 日本 2-0 中国(U-21) >>