千葉 2-1 大分
玉子くん去年のベストゲームが大分vs千葉だったこと、そして大分が最近になって調子をあげているので、風邪薬をたんまり体につめ込んでまたまたフクアリへドライブ~。
鹿島と並んで有名なフクアリのスタ飯もほぼ征服したので、久しぶりに勝つサンドを食べようと思ったら、バイトの犬耳おにゃのこが…。

試合は均衡し、緊張感にあふれていた。大分(というよりシャムスカ)が、相手の良さを消すことに長けていることもあるが、この2チームが対戦するとこういう流れになりがちで、しっかりしたゲームを見たという気分になれた。

ただレフェリーが・・・。まあ厳密にはファールなんだろうけど、まるでスピード違反のネズミ捕り。立ち上がりから厳しく笛を吹いていたが、それに合わせられない選手が悪いと思えないものがある。シャムスカ大佐が前半から選手のプレーを真似ながらファールの判定に疑問を呈していたけれど、理解できない行為ではなかった。汚い印象は受けなかったし。


千葉は、阿部、坂本、佐藤勇の3人がセンター。坂本が中盤の底で梅崎をマーク、残りの2人が少し高めに位置しながら前線へ飛び出すことを意図していたように思えた。しかしチーム全体のムーブメントを作り出すきっかけになる羽生がいないためか、守備的な戦いになってしまっていた。

大分はDFラインを高めに保って千葉の走るスペースを制限しつつ、高い位置からプレッシャーをかけて、千葉に中盤を作らせない。巻へのロングフィードをきっちり抑えていたが、こちらも前線にボールが収まることが少なく攻撃は散発的だった。

相手の良さを消し合う流れで前半が終了すると、後半になってちょっとしたカウンターの打ち合いからゲームがほぐれ始める。お互いに攻撃に意識が芽生えたのか、徐々にスペースが出来始めるが、大分が数少ないチャンスをものにする。攻めるしかなくなった千葉が決定機を演出すれば、大分がその隙を突くスリリングな展開が楽しかった。

大分はいいチームだった。チーム戦術遂行力が高く、スピードにのった選手の攻め上がりや突破は見事だった。どちらに転んでもおかしくないゲームだったが、高橋、松橋、高松のシュートが一つでもゴールしていれば・・・。まだまだ経営的に苦しいようだけど、頑張って欲しいチームの一つだ。

(´-`).。oO(巻は流れ切りすぎ...久しぶりに水野にワクワクしたや...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-09-30 00:00 | Jリーグとか


<< ガーナ戦メンバー ( ̄^ ̄)うーん。。。 >>