犬ダービー
ソシオのことでゴタゴタしだしてからは、正直なんだかなぁ。。。という目で見ていた。今シーズンの快進撃も、おいら好みのサッカーじゃないので見てみぬふり(笑)
それでも元横浜市民としては気になる存在だったようで、実際にJ2で優勝してみると、このクラブが味わった受難の歴史を思い起こして感慨深いものが。なんとか甲府に続く存在になって欲しい。
なぜか山本さんの名実況が思い出される。横浜FCと横浜フリューゲルスが別の存在だと、頭では理解しているのに…。


さて、チケットの関係で断念した小瀬の犬ダービー。ようやく試合を見たが、期待を裏切らない好ゲームだった。前日にバクスタのチケットが復活していたので、温泉巡りが没になっても試合だけ見に行けばよかったや・・・ ('A`)

試合前日だったか大木さんが「千葉はサッカーをプレイすることに関してJ屈指のチーム」と評していた。甲府もこの点に関しては千葉と双璧をなすチームで、こういうチーム同士の対戦は自然と白熱したゲームになる。
両チームとも激しい球際だけど、決してラフではない。レフェリーを欺いたり、無駄な時間稼ぎもほとんでない。日本では心置きなくサッカーのプレーや戦術を楽しめる数少ない対戦で、サッカーを見たという気分にさせてくれることが堪らない。

ゲームは、開始早々に甲府が先制。出会い頭のゴールという感じだったが、その後も3トップと2枚のオフェンシブが理想的に働き、高い位置から積極的にプレッシングを仕掛けて、千葉に効果的な攻撃の形を作らせない。
流れの中で形を作れない千葉だったが、それでもリスタートからワンチャンスをものにして同点に。
しかし流れは変わらない。いや甲府が変えさせない。とにかくセカンドボールを拾い捲って、攻守の切り替え早くボールを動かす。後方からのフォロー分厚く崩していく攻撃は爽快で、セットプレーから甲府がお返しをして前半を終えた。

前半は千葉本来のサッカーを甲府にしてやられたという感じだったが、後半に入ると一転して流れは千葉へ。青木の投入や甲府の運動量が落ちたとか、サッカーなのでいろいろな要因を挙げることができるし、それらが複雑に絡み合っているのだろう。
ただ甲府が千葉の目を覚まさせたというか、この両チームはお互いの良さを引き出しあう関係にあるように感じる。共にオレンジのチームを苦手にしていて、しっかり守備ブロックを構築してカウンターを狙う相手にはどうしても攻め倦んでしまう。でも似たもの同士の対戦になると堪らないゲームを披露してくれる。
スペースを作りやすいこともあるが、とにかく人とボールが動き、ここぞという場面ではリスクを厭わず攻撃にかかる。パスのスピードも申し分なく、少々のことでは大袈裟に転げまわったりしないから、ゲーム自体のテンポもいい。そしてこの試合では5つのゴールを見ることまで出来た。

どちらに転んでもおかしくない試合は千葉が笑うことになったが、来シーズンも期待せずにはいられないのだ。

(´-`).。oO(青木面白い...プレーを覚えられた時...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-12-01 00:00 | Jリーグとか


<< 浦和、優勝おめでとう りばぽとか >>