( ̄^ ̄)ふーむ。。。
日程の関係で、選手選考に制約があったことは否定できない。可能性のある選手を使って、経験を積ませているのかもしれない。そして今回のチームはJの各クラブや大学生から満遍なく選出されているが、当然やっているサッカーのスタイルはバラバラ。
他にも様々な要因があるのだろうが、これまでの試合内容も決して満足できるものではなかった。限られた練習時間ではチームとして機能させるまでに至らなかったということなのか、それとも…。そんな印象を強く受けたアジア大会の敗退だった。

ところでリーグ戦が終了し、早くも主力クラスの移籍が取りざたされている。まだ天皇杯が残っているのに。ほんと毎年、毎年、違和感を感じてしまうや。
まあクラブの経済規模によって戦力に偏りが出ることは必然。それが不平等というのならアメリカ型のいろいろ制約を設けたリーグ運営をすればよいが、サッカーが世界のスポーツである以上日本だけが特殊な環境を作ることは現実的でない。
でも…日本はクラブの体裁を整えただけで、Jリーグをスタートさせてしまった。諸外国のように長い歴史をかけて築き上げてきた"club"という実態がないまま、いきなり資本の論理の中で自由競争をしている。
多額の移籍金を支払う裕福なクラブは、いったいどれほど下部組織の育成に力を入れているのだろう。もっともっと底辺が広がらないことには…。

友近引退。゜゜(´□`。)°゜。愛媛FC ズーパー友近 Road to J

(´-`).。oO(それにしても攻守の切り替えにスピードが感じられなかった…)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-12-06 00:00 | Jリーグとか


<< CL第6日 浦和、優勝おめでとう >>