親善試合5つ
○ ブラジル 0-2 ポルトガル
ドゥンガが監督になって初めて見たが、ブラジルらしくない。守備的に過ぎるというか、ブラジルテンポの分厚い攻撃はほとんど見られず、圧倒的な威圧感が消えている。それだけ力が拮抗しているのだろうが、ポルトガルが終盤の2ゴールで勝利し、ワクワク感でも上回っていた。
ブラジルも98WCで負けた辺りからより現実路線を進んでいるが、かつてはこういう内容で負けると監督の首が淋しくなっていた。ドゥンガが少し心配だw

○ オーストラリア 1-3 デンマーク
アッゲルを楽しみにしていたら、QLがゲストでびっくり。前半で3点差がついてしまったが、オーストラリアもかなり決定機をつくっていて、やはり侮れないものがあった。
ウェスト・ロンドン、QPRのホームスタジアムで行われたこの試合、オーストラリアは欧州でプレーする選手を中心にWCメンバー7人が先発していた。韓国もロンドンでギリシャと試合をしていたが、せっかくの国際Aマッチ・デー、しかもユーロ予選再開に向けて各国のモチベーションは低くない。こんな時こそ日本も遠征して欲しい ('A`)

○ イングランド 0-1 スペイン
こちらはジェラード、クラウチ、カラガーにお守りエンテスが出場。強国同士のゲームは多分にテストモードだったが、選手のレベル自体は低くない。ただ両国ともベストフォームとは思えず、ユーロの予選で苦労しているもの同士の対戦という印象だった。
試合は、ホームのイングランドが立ち上がりこそよかったが、シャビを中心に次第にスペインがゲームをコントロール。イニエスタのゴールでなんとか勝利したが、立ち直りのきっかけとなるのか。ジェラードのキャプテン・マーク(*´Д`)ハァハァ

○ フランス 0-1 アルゼンチン
ドイツWC準優勝国と期待を裏切った国の対戦は、一味違っていた。技術、組織戦術のレベルの高さは今更だけど、他の試合と比べて攻守の切り替えが抜群に早く、スピーディ。プレッシャーが厳しくても全ての選手がプレー・メーカーになれるので攻撃は多彩、でもあっという間にスペースが埋まる。個人の守備技術も高く、見ごたえある攻防が存分に楽しめた90分。
日本も早いと形容されることがあるが、世界のトップはもっと早く動いている。スピードに対応できる技術、判断力、戦術眼の差はまだまだ大きいようだ。

○ アメリカ 2-0 メキシコ
アリゾナ州のスタジアムには62千人余りの大観衆が集結。アメリカ的な愛国心と根っからのサッカー好きメキシコ人たちが、欧州や南米といった本場に近い雰囲気を醸し出していた。日本もアメリカWC予選の頃までは…。
監督が変わってもアメリカはアメリカだった。基本に忠実なパス&ゴーやフォローの動き、高い位置からのプレッシングなどなどハードワークを厭わない選手たちには、走ることが習慣として体に染み込んでいる。もしオシムたんがアメリカの監督だったら、かなりの高みまで到達しそうな気がする。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2007-02-10 00:00 | 欧州フットボール


<< トレーニングキャンプ・メンバー U-22メンバー >>