CL準々決勝
一昨日、菅沼がんばれ!なんて書いてしまったが、土曜のリーグ戦には出場できないのだとか。柏はレギュラークラスのFWを二人も抜かれて辛いよな。
強国の中には力を抜いているところもあるが日本はオリンピック大好きなので、2次予選くらいもっと柔軟にという声は大きくなりそうにない。たかが2次予選、されど最終予選というところか。

昨日はまず、浦和のACLを後半から見た。いくつか決定機をふいにしていたのでまた終盤に…なんてことが脳裏をかすめたけれどw、全般的には危なげのない戦いぶりだと感じた。ふろん太もアウェーでライバルと目される韓国チームに勝利したようで、今年は少し楽しみが出てきたかな。それにしてもフィジカルの強いDF相手にワシントンが苦労していたや。
それで続けてバレンシアが散ったCLを見ていたら結構いい時間。1stレグで思わぬ大差がつきモチベーションが下がっていたのでこれはやばいと思ってたら案の定、気づいた時には後半30分を回っていたや。はふー

結局ライブで見たのはマンUvsローマだけ。しかも見始めたときには既にマンUが1点入れていたので、自分が一番興味があった点、ローマがどういうゲームの入り方をしたのかはわからない。しかしその後の高速カウンターやショートカウンターを喰らった様子を見ていると、ローマ本来のテンポよいパス回しが始まる前にマンUが一方的にゲームの流れを引き寄せてしまった印象。
ローマ的には失点する時間帯があまりに早く、また立て続けの失点であったために、すっかりゲームプランが狂ってしまい、C・ロナウドにスペースを与えても攻めざるを得ない状況に追い込まれてしまったのだろう。ホームのリヨン戦を初めとして面白いサッカーをしていたので珍しくイタリアのクラブに期待していたけれど、攻撃的なチームが陥りやすい罠にかかってしまった感じ。睡眠時間返せよ ヽ(`Д´)ノ

ベスト4にプレミアから3クラブが残ったが、これで3年連続の決勝進出が確定。UEFAカップを含むここ数年の成績もよく、いつの間にかUEFAのカントリーランキングもイタリアを抜いて再び2位に上昇、今後の結果次第では来年度のラインキングでスペインを逆転する可能性さえ出てきた。
UEFA主催の大会では、下部組織出身選手や自国育成選手の枠が設定されている。しかし実際には登録だけで試合に出る必要はなく、巨額マネーの恩恵を受けるプレミアの優位はまだしばらく続くのかもしれない。それはそれでなんだかなぁ・・・

りばぽの準決勝は、ここにきて調子を上げてきたチェルシー。もう見飽きたし、またかよって感じ… ('A`)

りばぽ    1-0 PSV
バイエルン  0-2 ミラン
マンUnited 7-1 ローマ
バレンシア  1-2 チェルシー


(´-`).。oO(KOPも少しまったりモードだったような...ギッグスがキレキレだった...お守りエンテス...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2007-04-12 00:00 | 欧州フットボール


<< まとめて ( ゚∀゚)o彡゚ 甲府!甲府! >>