スカッとした
昨日のACLは、ある意味とてもG大阪らしいゲームだったと思う。

2シーズン前、攻撃的で楽しいサッカーを展開しながらも、リスクマネジメントを優先する浦和に優勝をさらわれたからだろうか。G大阪も昨年あたりからポゼッションを重視した分厚いパスサッカーから、守備を意識したサッカーに軸足を移しつつあるように感じていた。ただ攻撃的だったチームが自らの特徴を封印した結果はというと、昨季は開幕前の前評判を裏切る3位に沈んだ。

それでこのゲーム、このグループ最大のライバルと目される相手に早々に2点をリードされ、開き直ったのだろう。G大阪らしい小気味よいテンポのパス回しにバレーの縦へのスピードと前線をかき回す播戸が絶妙のアクセントになり、楽しかった頃のサッカーが戻ってきた(まあ似たようなシチュエーションが磐田戦でもあったがあまりに決定機を逃し続けたw)。これで遠藤とルーカスの関係がもう少し整理されて、攻守のバランスがとれてくればと期待してしまう。

どういうサッカーがよいが結論の出るものでもない。攻守のバランスが崩れたサッカーは無残だし、守備を重視する戦術も否定はしない。ただG大阪のチームカラーというかスタイル、そして現有戦力の特徴を生かそうとすると、こんなサッカーも悪くないし、むしろ向いているのではないのかなと。シーズン終了時に成績が落ちるのは、相手があることだから味仕方ない面がある。でもサッカーの内容で物足りなさを感じるのは…。

(´-`).。oO(PC初期不良で入院の悪寒...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-03-20 00:00 | Jリーグとか


<< またまたまとめて レフェリーのこと >>