( ̄^ ̄)ふーむ。。。
久しぶりに新潟の温泉宿でゆっくりしてきた。地元のテレビ局で中継していた京都戦を見ていたら、宿の女将さんが去年の天皇杯鳥栖戦のことをしゃべり始める。招待券で数回見に行っただけのライト層ともいえないこの人にとって、あの事件はかなりネガティヴな出来事だったらしい。

つい先日も鹿島が埼玉スタで馬鹿なことをやったらしいが、欧州なら間違いなく非難と軽蔑の対象になるだろう(ゼロックスでも乱入していたが処分された?)。新潟も鹿島も一部の人間が暴走したことだろうが、ライト層と呼ばれる人たちはサッカーにネガティヴなイメージを抱いてしまい、一度離れると簡単に帰ってこないもの。

それで試合のほうも、JFAレフェリーカレッジ出身の審判が自分的には不可解な笛を吹き続けて興醒め。この審判、協会が16年に開校した審判学校JFAレフェリーカレッジの出身らしいが、開幕戦のG大阪と千葉の試合でもかなり神経質な笛を吹いていた。FIFA基準だとかもっともらしい理屈を持ち出すんだろうけれど、自分はFIFA基準より数段厳しく感じる。今後こんな審判が増えると思うとぞっとするのだ。

*審判は皮肉を込めた表現です。普段はレフェリーと書きます。

(´-`).。oO(今日もまた勝てる気がしないとネガっておこう...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-04-22 00:00 | Jリーグとか


<< 完勝のはずがw 久々にゲルマン魂を見たのかも >>