カテゴリ:日本代表( 164 )
日本 3-0 カタール(アウェー)
カタール戦が始まった頃に突然不通になったネットとひかり電話がやっと復旧した。なんでも大元の機器の故障で、マンション1棟丸まる通信不能だったとか。深夜に軽いパニック状態で復旧をあれこれ試しながら見ていたので、集中してゲームを見られなかったや ('A`)

最近の中東諸国はどうして中途半端に前に出てくるのだろう。パスワークもテクニックも日本より勝っているとは言えないのに。そしてあの程度の運動量で日本のプレスを掻い潜れるはずなく、わざわざ日本の得意な土俵で勝負を挑もうとしている。岡ちゃんらしい攻撃的な守備が光るゲームになるもの当然で、初戦のウズベク戦で快勝したサッカーこそがカタールの持ち味だと思う。

例えば前に出てくるにしても最初の15分は徹底的に守って、まず日本のサッカーを見極めてプレーに慣れる。ロングボールでSBの裏を意識させれば攻撃参加の機会が減るもので、中盤に典型的なサイド・アタッカーを置かない日本はどう打開する?また中盤を間延びさせてSBの前方にスペースが出来れば、今の日本ならサイドチェンジ一発で浮つくかもしれないとか…。

攻撃的な選手を並べている日本は一旦受身に回れば脆いかもしれない。そんな相手だから主導権を握りたい、ましてやホーム。でも意図がまったく感じられないサッカーに終始したカタールが悪すぎたのか、それとも日本がよかったのか?次はアジアの中では骨っぽいOZ戦。さすがに岡ちゃんのチームも機能してきたので、ちょっと楽しみになってきた。

(´-`).。oO(オイルマネーでハングリーさが消えたのかも...明日から地域決勝...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-11-21 00:00 | 日本代表
簡単に(日本1-1ウズベキスタン)
少し前、会長自らJFAのサイトに秋春制のことを書いていた。今の時代はいろんな情報がネットで流れ共有されているが、そちらの議論の方がよほど中身が濃い。それらに比べるとあまりにも稚拙で説得力がない。基本的には秋春制賛成のおいらでも、もしこれがプレゼンなら儀礼的に挨拶程度の質問をして直ちにディクライン。もう少し賢いやり方があるだろうにと思わざるを得ない。

*リーグ・カップしか開催していないリーガやセリエ、エールディビジは8月の中旬~下旬、1ヶ月間のウィンター・ブレイクが必要になるドイツは8月上旬に開幕。オープン・カップも合わせて開催するプレミアやリーグ・アンも8月上旬にシーズンがスタート。

シーズン制の移行を考える(JFA)

それで昨日のWC予選のこと。
注意深く見ていれば、書く材料がいっぱいある試合だったはず。でも…これがWC予選という緊張感が自分の中で湧き上がってこないのは、やっぱりサッカーの内容というか方向感が好みでないことが引っかかっているみたいだ。長期ビジョンと現実はリンクしているのだろうか。本番への期待感が膨らんでこない…。

いくらホームで攻撃的にいくといってもこのスタメンはないと思った。でも全体のバランスという点では、リードされたことで少しはコンパクトになったかも。ただ闘莉王があれだけ攻め上がるのなら、最初から前線にでかいの置いといた方がw

イージーな決定機を外すのは選手の責任、でも日本人の決定力はあんなもの。今のチームは、中村俊や闘莉王がいると選手の役割が明確になりすぎるように感じる。特定の個人の特徴を生かすとしても、もう少しゴールから逆算した連動性が欲しいなと。自分の得意なプレーに特化するだけでは決定機は増えないし、質も高まらないのだから。それと交代で出てくる選手のタイプが似すぎていて変化に乏しい。運動量はあるが、走りの質的には意見が分かれる出来だったかなと。

レフェリーの笛の傾向もあったが(近年の日本はレフェリーの笛でイライラすることが少なくなったような気がする)、ウズベキスタンは自分が想像していたよりガツガツこなかった。アウェーのウズベクは縦にロングボールを多用していたが、カウンターメインで押し上げがほとんどなく、さほど怖くはなかった。でもホームで攻撃意識が高まって、サイドチェンジを絡めてくると嫌だな。

JだとBooがあってもおかしくないはずの内容では16.3%も仕方ない?

(´-`).。oO(早々と脱落国を作るチャンスをふいにしてしまった...制度問題はクラブレベルからのボトムアップの議論が...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-10-16 00:00 | 日本代表
雑感(日本1-1UAE)
c0072797_1224158.jpg昨晩のスポーツ番組で、岡ちゃんのサッカーに不満な人の割合が84%だった。以前、サッカー批評に出ていた某サイトが行ったオシムたんへの支持率とほぼ正反対の結果。サンプル数やサッカー経験などが分からず単純比較は出来ないが、ライト層をひっくるめて評価が低いことは確かなようだ。

ホームのウズベク戦前のテストマッチとしては、守備的に戦ってくれるUAEは妥当な相手だった。ただちょっと酷すぎるというか工夫がないというかw。WC予選本番のために手の内を隠したかったのかもしれないが…。

日本はこれまでの試合に比べればわりとコンパクト。ボールサイドのSBの位置取りが少し高くなりうまくスペースを消して、前線からの守備の連動性という面では少し改善したのかなと思う。そして攻撃面でもサイド・チェンジを織り交ぜながら、サイドを崩す意図がピッチ上によく現れていたと思う。

テスト・マッチということもあって後半に6人の選手を交代させたが、運動量の低下する時間帯にフレッシュな選手を投入することでうまく補ったのかなと。3人の交代枠でどう90分戦うのか。今のサッカーはちょっと一本調子にすぎる面があると思う。早いうちに欧州遠征でもして一度ボロボロに叩かれたほうが…w

煽りのない中で10.3%はよいのか悪いのかw

(´-`).。oO(親善試合よりACLのライブ中継...ウズベクはもう少し大きな展開できそう...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-10-10 00:00 | 日本代表
底をうった?(バーレーン2-3日本)
フランスが、ブリュックナーが監督に就任したオーストリアに負けたとか。それ以上に驚いたのがルーマニアの敗戦。なんとホームでリトアニアに0-3。スウェーデン、ノルウェーも微妙にやらかしている。アジアの4.5枠は恵まれているなあ。

WC予選だし、まあ内容度外視でまずはOK。ただ、依然としてリスクを恐れて逆にリスクを負っている点が気になる。攻撃面ではそこそこ決定機を作っていた。でもその多くはバーレーンが2点ビハインドで前に出始めてからのもので、しかも一人退場してから。

狙い通りにスタートから飛ばして、リスタートからゴール。日本は岡ちゃんらしいパターンに持ち込むことに成功した点は評価できるが、コンスタントにそういう試合ができるかどうかはまた別の話。まだまだWC本番で戦えるサッカーだとは思えないし、そもそも岡ちゃんでいいのかという思いが深まった。

アウェーでしかも緒戦。勝ち点3でよしとせねば…。

8.4%、8.8%(5:00-)

#りばぽメモ
AN OPEN LETTER FROM JOHN ARNE RIISE(りばぽ公式)
Liverpool stadium faces new delay(BBC)

(´-`).。oO(このチームはいつピークを迎えるのだろう...鳥栖vs甲府のがはるかに面白かった..)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-09-07 00:00 | 日本代表
日本のオニャノコはつおいのだw(日本0-2ドイツ)
前半はなでしこの方に惜しいシーンが多かった。しかし中央を分厚く固めるドイツ守備陣のゴールを割れない。そうこうしているうちに日本の攻撃に順応したドイツがリズムを取り戻し、後半に入ってペースアップ。日本に危険な決定機を与えることなく、本来の力を発揮した。簡単にいうとそんなゲームだったと思う。

ドイツはゲームプランを忠実に遂行したと想像するが、結果も理想的だった。とはいえ明らかに日本の時間帯があった。そこでゴールを決めていれば分からなかったと思うが、守備的な選手の攻撃参加の枚数が不足しがちで、なでしこたちはあと一歩踏み込めていなかった。両者の力の差を考えると少々厳しくなってしまうが、戦術次第でもう少し肉薄できたかも?

そんな贅沢な結果論を口にできるほど、ダイレクトパスを織り交ぜたパスワークや攻守にわたる連動性は見事で、随所になでしこらしさを感じさせてくれた。そしてフラフラになりながらも最後まで献身的に走るチームはとても爽やかで、持てる力を出し切ったに違いない。恵まれたプレー環境にないなでしこたちの健闘はサッカー史に輝く納得の4位で、胸を張って帰ってきて欲しい。

ソフトボールやった!!!なでしこには次のオリンピックやWCがある。でも金メダルに輝いたソフトは…競技そのものの将来性が懸念され、選手の発掘や育成に大打撃を被るかもしれない。彼女たちが生涯ソフトに関われる環境、そんなスポーツ文化が日本に根付いて欲しいと願う。

11.7%=7.4%+4.3%

(´-`).。oO(ソフトの解説はああいう大舞台なのでおk...あれだけ煽っておいて...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-08-22 00:00 | 日本代表
いつまでテスト?(日本1-3ウルグアイ)
小野の不用意なファールがきっかけだったかもしれないがw、そこそこのメンバーで来日したウルグアイの本気度は高かった。

理想は理想として、岡ちゃんは岡ちゃんのサッカーをやればいいと思う。実績からして、それしかできないと思う。

ただ個人でも組織でもリスクを冒す必要がある時は冒す必要があるわけで、その冒し方を岡ちゃんがトレーニングできるかどうか…。

視聴率は5.7%だったとか。おいらも後半はソフトと掛け持ちしてたけどw、まじめにサッカーやらないから…>協会
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-08-21 00:00 | 日本代表
先制後の戦い方がもったいなかったかなー(日本2-4ドイツ)
アメリカに分がある展開だったが、運動量で対抗していたなでしこが先制ゴール。でもその後はカウンター狙いに切り替えたのだろう。ブロック構築を優先したためか前線からのプレッシングが消えてしまい、アメリカが完全にゲームをコントロールすることに。なでしこはリードされた後半になっても、攻撃のリズムを取り戻すことに苦労していた。
ゲームプランとしては論理的だった。でも芳しい結果にならなかったのは、一度受身に回ってしまったことで本来のリズムを失ってしまったこと、強豪相手に守備的な戦い方の経験不足があったように感じた。

それで、急遽なでしこが放送された。サッカーはまだ恵まれているが、マイナーな競技はメダル次第で天国と地獄、最終結果が流れるだけのことも。バカ高い放映権料という事情は察するが、現状はテレビ局が力を入れている競技に中継が集中している。
日本国内では将来の復活を目指して野球に注力しているが、そんな状況でも他国も野球を放送する余裕なんてとてもないだろう(試合時間も長すぎてテレビ向きではないし)。世界的な普及のハードルは相当高そうだ。
ロンドンでは少しはマイナー競技にスポットライトが当たって、少しでも強化費が増えるのだろうか…

中国戦は13.4%(21:29-)9.0%(教育、22:30-)、 13.0%(-24:25)
準決勝は14.8%(21:40-24:30)で、ともに他競技、ニュース等を含む。

(´-`).。oO(ダイレクトパスの精度...会場の音声絞りすぎ...似たような負け方をしたドイツか...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-08-19 00:00 | 日本代表
なでしこらしさ満開!(日本2-0中国)
フェアでクリーンにサッカーが展開され、なでしこが技術と戦術で相手を圧倒した。サッカーらしい面白さに溢れたゲームで、ノルウェー戦の勢いのままにオリンピックホスト国を撃破してしまった!

数年間にわたって積み上げてきた、なでしこらしさにあふれたゲームだった。徹底された前線からのプレッシング、献身的なフリーラン、パスワークとロングボールの使い分けなど時間帯や状況に応じた柔軟で意思統一されたチーム戦術など、良かった点をあげればきりがない。チームの狙いが具体的な形となって伝わってくるサッカーは楽しい。

準決勝のアメリカとは過去17敗3分。GLのアメリカ戦を見た限りでは、なでしこは少し足りないように思う。でもサッカーでは太刀打ちできないほどの差ではない。まあサッカーではその差がとてつもなく大きいのではあるがw、このゲームのようにらしさが発揮できれば、もしかしたら…。

試合後にじわじわと嬉しさがこみ上げてきた。最近ではWC予選でさえ味わえなかった緊張感も存分に堪能させてもらった。代表では久しぶりに充実した観戦が出来たことに感謝。

(´-`).。oO(豚切中継ひどい...中国はまるで日本男子のようだった...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-08-16 00:00 | 日本代表
3敗、1ゴール、4失点。(日本0-1オランダ)
谷本さんいい!柔道が世界的になっていく過程でジャケットを着用したレスリングに変質してしまい、日本の一部にもそういう流れに対応しようとする動きがあるのだとか。でも彼女はそんな傾向に真っ向から対峙し、層の厚いクラスを2大会連続で全て一本勝ちの頂点!信念ある人は強いのだ!!!惚れてしまいそうですw

なでしこもやっと本領を発揮したようだ。リードしてからはちょっとはまり過ぎの印象はあるが、ビルドアップと速攻のバランスのよさなど持ち味が出ていたし、元々これくらいのサッカーはできるチームだったと思っている。でも戦術的にあまり器用なチームではなさそうで、やっぱりこのスタイルが一番力を発揮できるサッカーなのだろう。さて次は大アウェーの中国戦、しかも8月15日だとか。緒戦のNZ戦みたいなのは勘弁なw

さて…よくて勝ち点3だと思っていた。全敗も想定していたので、あまりショックはない。ただ、どの試合も結果を見ると一方的にやられたという印象はなかったが、贔屓目に見てもアメリカ戦だけが五分で、後の2試合は相手にゲームをコントロールされていた。要はGLを突破できるだけのサッカーをしていなかった。

どの試合も相手ゴールに迫るアプローチが低調だった。2試合目からは日本もシュートを打てるようになったが、数のわりにはゴールの必然性に乏しく、1試合1点取れるかどうかという程度のもの。攻撃面で創造性、連動性が発揮されたとはとてもいえず、個人の力の差がチーム力の差となって現れる戦い方を選択してしまったように映る。そしてそれを決定力不足という言葉で片付けることは違うと感じている。

プレッシャーがないと日本人の足元の技術レベルは高い。でもフィジカルで優位に立つ外国人が本気のプレッシャーをかけると途端にあやしくなってしまい、ボールを失わないためのものになってしまう。要は個人戦術を含めた個の力という部分でまだまだ足りないし、もっと連動性を伴った組織戦術に昇華できたはずという思いは強い(ロングボールはキックの精度が悪いからほどほどにしたほうがw)。

結果論になってしまうが…そういう意味では今年に入ってからのメンバー選考は継続性という点で大いに疑問だったし、攻守のバランスという面でも消化不良に終わってしまった。自分の周囲では代表監督の意向でも働いたのなんて勘ぐる声も上がっているが、確かに志向するサッカーそのものが変化したように感じた。

ついに5.4%…(17:30-)
なでしこ大勝は16.2%(21:35-24:00)

(´-`).。oO(監督や選手たちの自己評価が高すぎるような...はにかみ笑顔もよかった...なでしこ前半から全部見たかった...テレ東の中継がそこそこまとも...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-08-14 00:00 | 日本代表
やっぱり違うんじゃないの?(日本1-2ナイジェリア)
スターシステム型オリンピック中継があまりにつまらなくて、もしかしたら来シーズンJに昇格できるかもしれない富山目当てに龍ヶ崎までJFLのゲームを観戦に行く。
試合開始20分ほど前に会場入りしてびっくりしたのは、はるばる富山からかけつけたサポの姿。Jを目指すクラブでは数多くのサポが遠征することも珍しくなくなってきたようだが、実際にスタの一角でレプユニ軍団がチャントを奏でる姿を目にしてちょっと感動。試合は残念な結果に終わってしまったけれど、1年でも早く夢がかないますように。

「初戦の結果を受けて、勝ち点1では厳しいと思い、選手には待って死ぬか、飛び降りて死ぬかと伝えた。」ナイジェリア戦後 反町監督会見(スポナビ)

そういう状況に追い込まれたのは、負けにくい戦いを選択してきたツケだと感じている。まあこのチームは元々攻撃パターンに乏しく、組織でリスクを冒す度合いも小さかったので、それが持ち味だったとも言えるが。
それでもナイジェリアの守備があれなのでそれなりに決定機は作っていた。しかし追い込まれた状況で攻撃的になってはみたが、失点シーンにかかわらず明らかにバランスが狂ったバタついたサッカーでもあった。

この代表のを見ていて思い出すのは、某監督の「1勝1敗1分」発言。いや吉田さんのU-20以外、現在は東京で面白いサッカーをやっている城福さんも含めて、日本人監督はことごとく本番でヘタレてきた。また結果も芳しいものではなかった。
そういう戦いを選択せざるを得ないのが日本サッカーの実力だとしても、協会は日本がリスクを最小限に抑えたサッカーで上を目指せると本気で考えているのだろうか。負けるのは弱いのだから仕方ない。でも世界相手だと1点とれるかどうか。そんなサッカーやるのなら、どんなに不細工でも勝てという話なんだけどな ('A`)

あと付け加えておくなら、ホームでばかり開催される強化試合という名の親善試合も問題(ツーロンの対戦相手も多くは下のカテゴリだった)。大半の国はホームとアウェーで戦い方を変えるのが常識。本番の参考にはならないし、本当にタフな相手とタフな状況での経験不足が露呈したと言えるかもしれない。

アメリカ戦は9.7%、18.6%、ナイジェリアは9.6% (17:30-)
なでしこNZは9.9%、17.3%

(´-`).。oO(もっとポテンシャルはあったはずなのに...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-08-11 00:00 | 日本代表