<   2005年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧
とりとめのない話し
ドイツの審判問題に続いて、イングランドでもショッキングなニュースが流れました。
イングランドの2部リーグに属するリーズで、高額選手の給与削減の為に選手を傷つけて試合に出場できなくなるように画策したとか(日刊スポーツ)。事実関係はわかりませんが、こういうニュースが煩雑に流れることに嫌気がさしてしまいますね。

リーズというクラブ、1904年創立、リーグ優勝3回、FAカップ優勝1回、UEFAカップ優勝3回を誇り、名門クラブの一翼を担っていました。80年代の長い低迷期を抜け出し、90年代以降は毎年上位に顔を出すほど勢いがあったのに...。

イングランドには名門と呼ばれるクラブでも2部、3部にいることがよくあります。
例えば欧州チャンピオンズ・カップ(現在のチャンピオンズ・リーグの前身)を2度制覇したノッティングガム・フォレスト(1898年創立)は、アーセナルが26年振りに連続試合無敗記録を破るまでのレコードホルダーでしたが、今では3部リーグ転落の危機に直面しています。

気になって少し調べてみたら、FAカップを複数回優勝したチームが22チームありましたが、現在プレミアに所属するのは約半分の12クラブ、2部に6クラブでした。90年代にプレミアに所属していたシェフィールド・ウエンズデー(1857年創立)は、なんと3部まで落ちていました。私の好きなリバプールも50年代は2部リーグに長くいたことがあります。

ちなみにイングランドは、プレミア20クラブ、2-4部各24クラブ、5部22クラブでその下に地域リーグという巨大な組織です。比較するのもどうかと思いますが、日本はJ1が18チーム、J2が12チーム、JFL16チーム、地域リーグ9地域117チームです。

そもそもクラブの意味合いは違うしフットボールの歴史も違うのですが、こういう状況を見ると、もっともっと日本にチームが増えて欲しいなと思ってしまいます。
もっと下部リーグに注目しようと思いながら、地域リーグまで探しても地元にチームがないジレンマ・・・

冒頭のニュースに興味ある方は、Sunday Mirror に原文があります。

#おまけ
スーパーカップ視聴率は5.1%でした
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-02-28 00:00 | liverpoolやプレミアとか
昨日のフットボールのこと
朝から拾いもののCLダイジェスト(15分×8)を見た。
ダイジェストで得点シーン中心だということを割り引いても
やっぱり組織としてのスピードを感じる。
リヨンの2点目の美しさには、しばし呆然となった。

スーパーカップは前半だけしか見てないけど、なっかり。
これは横浜Mだなと思ってたのに結果は逆(90分では引き分け)。
外国人選手(名前忘れた)一人で、東京Vのサッカー変わりそう。
天皇杯で感じた可能性が消えなければいいけど・・・

話題になってるB代表は、みんな同じこと考えてるようだ。
ジーコが監督やるの?メンバーは?システムは?対戦相手は?
日本だけがその気になっても仕方ないと思うんだけど。

日本サッカーに確固たる方向性があればユース世代から同じ方向目指すし、
そちらの方こそ先に考えることでは?
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-02-27 00:00 | フットボールあれこれ
3-4-3の妄想
#これ自分でも過激過ぎると思って没にしていたものです
#酔った勢いで投稿しますが、鋭い突っ込みはご勘弁を



サッカーはサポの数だけ監督がいると言われます。このエントリはそんな「机上のお遊び」なので、「今の代表と違うスタイルを想像」してもらえればそれでいいかなと...。

フォーメーションとメンバーは、こんな感じです。
(図はラインが微妙にずれてますなぁ ^^;)

3_4_3ポジション別に+αとして要求される能力
GK:スイーパー能力のあるGK
DF:攻撃をビルドアップできる選手
MF:スピードとスタミナを兼ね備えた選手
FW:スピードがありスペースを作る動きが出来る選手

メンバーを考えてみると、次のようになりました。
1川口、2松田、3中田浩、4阿部、5稲本、6中田英、8村井、10小野、7石川、11玉田、9久保(5、6、9は完調が条件)
リザーブ:GK1名、中澤、徳永、遠藤、山瀬、鈴木、田中達
候補:坪井、中村、大久保、サントス
*中村選手はかなり評価していますが、彼を生かすシステムは別のものです


現在の代表とは大きく顔ぶれが違います。これは同じポゼッション・フットボールでも現代表と異なるコンセプトを目指すため、選手に求める資質も大きく異なるからです。

ポゼッション・フットボールの本来の目的は、ボールキープの時間を長くすることにより、自らのリズムで攻撃する時間を長くすることです。必然的に相手は守備的にならざるを得ず、自チームが得点する確率が高まります。現在の代表がポゼッション・フットボールを標榜しながらもゲームをコントロールしているのか、されているのかよく分からない。このあたりの不満が出発点になっています。

ボール支配率の高いサッカーは相手陣内で展開してこそ効果を発揮するもので、自陣でボールをまわしてもポゼッションの観点からはあまり意味はありません。どの地域でボールを支配し、相手にプレッシャーをかけているかが重要です。実際ボールを持たされている時間を差し引くと、日本の支配率はかなり下がるでしょう。(相手を一度引き出してスペースを作るという意味はありますが、ここで目指しているフットボールとは少し違います)

このチームのコンセプトは、圧倒的にボールを支配して(60%以上)ゲームの主導権を握り、90分の大半(70分以上)を敵陣で試合を運ぶことです。このコンセプトの遂行のためには、守備、攻撃に偏りがちな選手はプライオリティが低くなります。選手個々には、運動量とスピード、そしてなにより確かな戦術眼と瞬時の判断力が要求されます。絶え間なくトライアングルを伸縮させ、プレスとスペースを作り出す動きを90分間継続してできる選手が望まれます。

これで守備が機能するのかという大合唱が聞こえてきそうですが、チームコンセプトとして、圧倒的なボール支配率でカバーすることが前提になっています。守備する際には思い切ってラインを上げて、前線からプレスをかけまくります。そのためにFWとMFには、プレスに入る場所やタイミングを適切に判断する能力が必要となります。DFはラインを高い位置に保つ勇気が必要になり、GKにはかつての川口のようにスイーパーの役割を求めます。

そして一旦ボールを奪うと、スペースを消すために縮めたトライアングルを瞬時に広げてスペースを作り、10番を中心にワンタッチ、ツータッチで素早くボールを回します。得点者はFWに拘りません。ウィングには、まず9番、10番のためにスペースを作る動きを求めます(もちろん中に切り込んでの得点能力も必要です)。相手DFをワイドにして出来たスペースを中盤の選手が突いていくのです。高い位置でボールを奪うことを前提にしていますから、DFには攻撃時のビルドアップ能力が要求されます。

ここまで書いてみたのですが、ブーイングの嵐が想像できます。実はこのコンセプトのベースはファン・ハールのアヤックスなのですが、実際にこの戦術を行うにはDFは屈強な選手でないと難しいですし(スタムやコクーのイメージ)、とくに6番と8番には無尽蔵のスタミナが要求されますが(セードルフやダービッツのイメージ)、そんな選手は日本には見当たりません。この辺りにこの妄想の限界があります。
また現在の日本には、こういうコンセプトでゲームを進めているチームが少なく、まだ4バックの4-3-3(2-3-2-3)や4-4-2BOX、4-2-3-1の方が現実的だとも考えています。

ただ戦術が変わればこれくらい選手が変わることもあり得ることで、日本代表ではファルカンが監督に就任した際の選考は衝撃的でした。WC終了直後ならまだしも既に予選が始まっているこの時期にこんな妄想を主張するつもりはないのですが、ただ今の代表と異なるイメージのチームを作ってみたかったのです。最初に「お遊び」と書いたのはそういう意味です。


話しは少し変わりますが、2002WCの時に以前は体力まかせで単純なサッカーだと言われていた隣の国が、ヒディング監督の下でかなり攻撃的なスタイルを採用しました。その結果、内容はともかくベスト4に躍進し、その流れで若い世代が好結果を残し始めています。当時の韓国代表の方が可能性のあるサッカーをしていたからでしょう、ユースレベルでは差がつきつつあるように感じます。

トルシエ以降、日本は流れの中での点の取り方をおろそかにしているように思えて仕方ありません。トルシエが言ったように、確かに得点にはセットプレーが絡むことが多いのですが、守備の戦術を重視するあまり攻める戦術をおろそかにしているように思えて仕方ないのです。トルシエには攻撃の戦術がないと批判していた人達はいったいどこへ行ってしまったのでしょう。

代表チームがその国のフットボールに与える影響は大きいものがあると考えますが、もう自分の中ではジーコ就任当初に期待していたスペクタルは諦めています。WC本番で少しでも上に行って、日本がジーコの名誉を傷つけなければそれでいいという心境なのです。

(´-`).。oO(1試合だけでいいから代表監督やってみたい・・・w)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-02-25 00:00 | 日本代表
だめぽ3兄弟の団子完成せず...
△ 長男は先制しながら引分け  なんとなく(´・ω・`)
○ 次男は見事な逆転勝利!  バルサ!バルサ!バーーールサ!!♪
○ 三男が勝つと誰かがこける  よ~るね~ばうぉ~くあろ~ん♪


でも長男のアウェー引分けは Good job!だし、今日はこれからおでん行きますー。

---

今朝はごにょごにょすると、ばっちり見れたみたいだけど起きれなかった。
まあそのうちに流れてくるのでなんとかなるさと。

プレミア勢の1stレグは1勝3敗・・・。
アーセナルはかなりヤバイし、マンUはホームで負けてしまったし・・・。
バルサを応援していたけど、こういう現実を突きつけられるとなあ・・・。

それにしても3チームすべてアウェーで戦って1勝1敗1分のセリエは、
結果を見ると凄いリーグというか相変わらず手堅いというか。

プレミア好きなのは強いからじゃないけど、ちと複雑です ヽ( ´ー`)ノ


モウリーニョ監督が審判に対して異議申し立てを行ったとか(読売新聞)
ただでさえ地味だとか面白くないとか批判多いのに ( ̄^ ̄)ふーむ。。。


#だめぽ3兄弟
インテル、FCバルセロナ、リヴァプールFCのこと。誰もが認める世界屈指の名門クラブで、歴史・実績等は申し分ない。しかし戦力が揃っていても格下相手に脆かったり、監督変えて変身→元通りを繰り返したり、サポーターが満足する成績を残せない点で共通点が多いことから、いつしかネット上でこう呼ばれるようになった。最近では、オワッテル、明日がバルサ、リーガプールと揶揄されることも。

ちなみに3チームを花に例えると・・・
長男:世界一美しいといわれるが誰も見たことがない花
次男:満開のときより散るときのほうが人の心を揺さぶる花
三男:つぼみになってからもう何年も咲いていない花

だめぽ3兄弟のフラッシュ → こちらです
(これすべて某巨大掲示板からのパクリです m(_ _)m )

#試合結果
バルサ   2-1 チェルシー
ポルト   1-1 インテル
マンU   0-1 ミラン
ブレーメン 0-3 リヨン

[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-02-24 00:00 | 欧州フットボール
川口の骨折...
川口が骨折した(日刊スポーツ)

私はGK未経験者ですが、彼はジーコのサッカースタイルに適さないと思っていた。
やはり身体的なハンディによる、ゴールマウス上の守備範囲の狭さとか(といってもボール半分とか3分の1の世界ですが)、ハイボールへの対処とかが・・・。

彼の特徴は日本のGKにはないスイーパー的な能力だと考えていたが、海外を転々とする間に彼のプレースタイルは変わっていた。ゴールエリア内にいることが多くなり、以前のように飛び出す必要のないボールにまで反応することがなくなっていた。最初の頃は、これなら楢崎の方がいいのではと正直思っていた。

講談社現代新書「ゴールキーパー論」の言葉を借りると、GKの醍醐味は敵にシュートを打たせないことだという。相手の戦術を読み、味方DFに的確な指示を出し完封してしまうことが最高のゴールキーピングなのだとか。それゆえ欧州では「GKが戦術の中心である」とまで認識されている。

たった一つのミスが敗戦につながってしまうこのポジション、少年チームでは一番運動能力に優れ、責任感の強い子供が選ばれるという。GKは子供たちの憧れのポジションであり、多くの子供がGKのグラブを持っている。

川口が具体的にどのようなコーチングをしているかは分からない。ただ楢崎の怪我でつかんだチャンスを見事にものにし、正GKのポジションをつかんだ。試合を重ねて今のメンバーとの経験を共有したのだろう、DFとの連携はうまくいっているようにも思える。

そんな彼は、アジアカップの劇的なPK戦以降のメディアによるヒーロー扱いに戸惑いを覚えているのではなんて想像している。一番ドラマチックであってはいけないポジションだから。(でもメディアもサポもドラマティックなのが好きだから仕方ないのかな)

さて全治1ヶ月と診断された今回の怪我、川口がイラン戦、バーレーン戦に出場できるかどうか微妙だ。でも幸いにも今のメンバーと試合数をこなしてきた楢崎がいる。
あとは前々回の予選を経験しているあの人がなんとかなれば...。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-02-23 00:00 | 日本代表
ヨハン・クライフ
一昨日のエントリを書いている時に、なにかクライフのことを書きたいと思った。
でもクライフの「美しく勝利せよ」は、友人に貸したらどこかへ消えてしまった。そこでネットで配信されている、1974WCオランダvsブラジル戦を久しぶりに見てみた。
「WC名勝負物語のサイト」で見ることができます)

既に語りつくされたこのゲーム、トータルフットボールを唯一実践できたチームとして語り継がれるオランダが完膚なきまでにブラジルを撃破した貴重な映像で、忘れた頃に見返すことがある。

前線からのボール狩り(プレス)とオフサイドトラップの組み合わせ、めまぐるしいポジションチェンジ、選手に求められる攻守両面の資質と戦術眼、そしてもちろん高度なテクニック。現代フットボールのあらゆる要素が凝縮されているから。

監督としても一流であったクライフは、バルサだけでなく、スペインのフットボールに革命をもたらす(大げさな表現かもしれませんがそう思っています)。

90年代前半までは細かいパスをゆったりとつなぐスタイルで欧州中堅国から抜け出せなかったスペイン、クライフがバルサの監督になっていなかったら今の攻撃的なスタイルは存在しえなかったとまで想像している。

---

今朝続きを書こうとしたら、凄いエントリを見つけました。
「名将気取り」というblogの「スペクタクル礼讃」です。

私が似たようなものを書くより、こちらの名文をお勧めします。
こちらのblog、フットボールへの愛情を感じるエントリばかりで脱帽なのです。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-02-20 00:00 | フットボールあれこれ
バルサはリーガを取りこぼすかもしれない
クライフが、サラゴサ戦に4-1で勝利したバルセロナに警鐘を鳴らしました。
後述の引用は、クライフのフットボール哲学が簡潔にまとまっていると思います。

ここで何度か日本代表のDFラインの低さとルーズな中盤について書いてきました。
クライフの指摘は、そっくりそのまま代表に当てはまると思うのですが・・・。
(自分はほとんどクライフの劣化コピーだったりします)

--- livedoor スポーツから抜粋です ---

元バルセロナの監督ヨハン・クライフがバルセロナに対して強烈な批判を浴びせた。

「一体どうして4-1で勝てたんだい?ウソのような結果だ。バルサはフットボールを全くしておらず、世界中の運を集めたようだった。

サラゴサが常にゲームを支配していたし、バルサが後方からボールを動かし始めるのなんて見たことがなかった。これは危険信号だ」。

「バルサのフットボールは試合においてなにもプレーしていないという良い見本だった。
ライン間は大きく開いて、ボールを回すリズムはとても遅かった」。

「良いときのバルサはどのようにプレーしていたか?
自陣のゴールマウスから遠い位置でチーム全体がプレーし、そしてライン間を狭めていた。ピッチ上でカバーする位置を少なくすることで、プレッシャーをかけやすくなりボールを奪える。

そして攻撃においても簡単に相手ゴールに近づくことが出来るんだ。自陣から遠く離れているわけだから当然だ。そして全体でプレーするということは常に味方のサポートを受けやすいということにつながる。

ボールを持っていないときは、ディフェンスの入り方は前線からプレッシャーを掛ける。誰がピッチのラインを定めるか?ディフェンスだ。誰がライン間の距離を定めるか?ディフェンスだ。

エトー(FW)とジュリ(FW)が60メートルも離されてプレッシャーを掛けたところで何の意味があるというのだ?ライン間を狭めて前に推し進めることで、ディフェンスを修正できる可能性が広がるんだ。これは矛盾しているようだが、そうプレーしていればディフェンスは良くなる。自陣のゴール前近くにディフェンスを並べて守るのは良くない」。

「ポジショニングとボール回しのリズム。バルサが自分自身を見つけたいのであればこの2つの基本概念を取り戻さなければならない」。

#おまけ
えっ!!千葉「2バック」オシム新マジック(日刊スポーツ)
ファン・ハール流の2-3-2-3(4-3-3)の変形かな?
この監督にはなんか期待させられるのでっす。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-02-18 00:00 | 欧州フットボール
「下部組織出身(現地育成)選手」問題のその後
先に2回ほどレポートした「下部組織出身(現地育成)選手」の件で、イングランドで議論が巻き起こっているようです。ことの発端は、アーセナルがベンチ入りを含む16人全員を外国人選手で戦ったことでした。

--- スポナビから抜粋です ---
フランス人のベンゲル監督は「指摘されるまで気付かなかった。パスポートを見て選手を選ぶわけではないからね」と涼しい顔だったが、クラブOBでもあるウォルソールのマーソン監督が「屈辱的だ。プレミアで技を磨いた外国勢が母国に戻り、国際大会でわれわれと対戦するのでは、自らの首を絞めているようなものだ」とかみついた。
プロ選手協会のテーラー専務理事も「われわれの将来のスター選手は、必要な出場機会を与えられているだろうか」と批判に同調した。怒りの矛先は、先に欧州連盟(UEFA)が導入を呼び掛けた地元選手優遇のための定員制ルールに消極的なイングランド協会幹部や、アーセナル首脳に向けられている。

現地 Guardian のコラム(英文リンク)を見てみると、名古屋グランパスエイトでも指揮をとっていたベンゲル監督がスケープゴートにされている感があります。
イングランドが1966年のWC以来、WCや欧州選手権に勝っていないことまで、今回の選手起用に関連して論議されていました。アーセナルの首脳は、ベンゲルはアーセナルの監督でイングランドの監督ではないと擁護しています。

また同じ Guardian の別のコラム(英文リンク)には、英国各紙の簡単な紹介がありました。
Independent:16年前に外国選手抜きで勝利した最後のクラブが、外国人選手だけで勝利した最初のチームになった
Daily Mirror:スポナビから抜粋した二人のコメントを紹介
Daily Mail:外国人選手に頼りリーグの独自性を失ったスコットランドを例にとり批判
Daily Express:一人の自国選手もいないことを批判
Sun:若い選手が第1線で活躍することが困難になり、状況は深刻化している
Times:アーセナルもユースは自国中心、全てのトップチームがアーセナルと同じではない
Express and Star:外国人中心のクラブに声援を送るファンの忠誠心に疑問を投げかける

私はExpress and Star紙のコメントが興味深く思いました。もともと英国のクラブはプライベートな組織であり、爺さんの代から支持しているという層がコアになっていると思っていたのですが、そういう声を代弁しているのでしょうか。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-02-17 00:00 | liverpoolやプレミアとか
スポンサーロゴとサッカー中継
NHKと朝日新聞の確執がラグビー中継に飛び火したようです。
なんでもレフリーの胸に朝日新聞のロゴが入ることを
ラグビー協会がNHKに伝えていなかったとか。
そのためNHKはなるべくレフリーをupにすることなく中継しました。

NHKと朝日のことなんてこのブログには関係ないのですが、
サッカー中継には少し関係があるかなと。

自分の記憶(←少しあいまい)だとイタリアWCくらいまでのサッカー中継は、
引いた画面で全体を映すスタイルだったと思います。
それが今では、選手のアップや局地戦を映すことがかなり多くなりました。

それ以前にもこういう中継スタイルがあったのかもしれませんが、話題になったのは、
イタリアの某ビッグクラブチームのオーナー兼政治家が配下のテレビ局を利用し、
自チームの選手ばかりを積極的にアップで映し始めたのが最初だったと思います。

迫力ある映像や選手の細かいテクニックが見れるというお題目を隠れ蓑に、
スポンサーロゴを積極的に映すことが目的だったことはいうまでもありません。
もちろんイタリアのサッカー通からは失笑を買いました。
(たしか10年以上前にサカダイで読んだ)

日本でも徐々にこの中継スタイルが取り入れられ、当時のYahoo!の掲示板には、
「迫力があっていい」というようなレスがあったことを思い出します。

私は引いた映像が好きです。ボールを持ってない選手の動きがわかるし、
全体が見えると戦術的な楽しみがより味わえるから。

最近は耳にしなくなったと思うのですが、私は、
ボールを持っているのは3分程、残りの87分間にどういう質の動きができるか
ということが、選手の価値・評価のほとんどを決めるものだと考えています。

FWからDFまでのカバーは無理だけど、
ボールを持った中盤の特定の選手だけ映してFWの動きが見えなかったり、
サイドチェンジする前の陣形がわからなかったりとかでは、興ざめです。

中継スタイルの好みは人それぞれだし、テレビ局の言い分も予想できますが、
もう少しだけカメラ引いてみませんかぁ>とくに民放さん

またまたスカパー入れない貧乏人の嘆きでした。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-02-15 00:00 | フットボールあれこれ
サントスの代わり
A3の横浜Mを見てたはずなのに気がついたら日付が変わってた。
BSのスペインも見逃してしまったよ...。

さて、ジーコはサントスの代役に三浦アツを指名しました。

それにしてもジーコは巧い選手が好きだなぁ。
チーム戦術よりは個人のアドリブ的な発想、スピードよりは個人技を重視する、
今さらながらブラジル流のサッカー思想の一端を再認識してしまった。

敵陣で中に切り込んでシュートを打つのは彼の持ち味の一つ、
でも中でボールを失った時のリスクは高い両刃の剣。
もともと彼は3-5-2には向いていないと思うんだけど・・・。

別にトルシエのサッカー好きじゃないけど(はっきりいうと嫌いだ)、
こういうタイプの監督は戦術に合わせて選手を選考しているから混乱も起こりにくい。
ポジション毎に役割がはっきりしてから、交代で入る選手はやりやすい。

それに比べるとジーコは・・・
三浦アツがシンガポール戦であまり機能しなかったのもある意味当然のような。
予選が終わるまでは批判しないと自分の中で決めたんで書かないけど。

もともと左サイドはサントスの守備が軽く、中澤個人の能力にかなり依存してる。
誰が入っても同じかもしれない、と前向きに考え・・・・・・・・・・・・・・・られない。
サントスを使い続けてきたツケが出なければいいんだけど。

<ぼそっ>村井試せよ< /ぼそっ>
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-02-14 00:00 | 日本代表