<   2005年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
この夏の移籍マーケット
マイコー現地では冷静な反応が多くてちょっと安心。

BBCによると、ニューカッスルの成績次第では、
オーウェンに次の移籍を認める契約かもしれないと。
"get-out clauses"の真偽の程はまったく不明ですが、
とりあえず一言、「大馬鹿やろー!がんばれーっ!」。
あーすっきりした。

BBC の Michael Owen's career in photosのページ。

これは、おまけというか、おいら視点の移籍マーケットまとめ。

 ・ リバポは、ラファが最優先していたCB、右サイドが未だに?な件
   おまけにオーウェンまで逃してしまった件
   そのオーウェンはまだ25歳で、加地さんと同学年、大黒の1つ上な件
   なんだかんだ言って、スペイン化が進んでしまった件
 ・ 大きいお兄ちゃんは、やっぱりお金持ちだった件
   完全ターンオーバーも可能で、無敗伝説 again が期待できる件
   控えでブツブツいいそうな選手の件
   こちらは、アルゼンチン化がさらに進んだ件
 ・ 小さいお兄ちゃんが、それほどマーケットを騒がせなかった件
   オーウェンでぼろ儲けしたレアルと対照的な件
   ここもなにげにブラジル化が進行している件
 ・ チェルシーが、これまで補強に1000億円以上使っていた件
   イタリア・スペインの中堅クラブの財政が、弱っているように思える件
   なので今シーズンも大きな地殻変動がおきそうにない件
 ・ かなりの日本人選手がイタリアの中堅クラブの噂になった件
   そのほとんどは、放置が飛ばしまくっていた件
   中田英、中村が靴の形から飛び出したので、ぷららが貧乏くじを引きそうな件
 ・ 結局、新しいJリーガーの海外移籍がなかった件
   代わりに移籍金のかからない平山が移籍した件
   移籍するなら夏だと思うので、日本のシーズンのずれが歯がゆい件
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-08-31 12:55 | 欧州フットボール
中村のゴールに思うこと
サッカー解説者がよく使う言葉に「FWの決定力不足」がある。
その指摘自体は間違いではないし、反論しようとも思わない。
ただ、得点力不足があたかもFWだけの責任のように繰り返しすだけでは
なんの解決にもならならいし、FWへのネガティブな印象が残るだけかなと。

FWは、もっともゴールを要求されるポジション。
ポジショニング、スペースメーキング、守備面の貢献、ゴールへの意欲などは、
各選手の特徴としてチームを作り上げる際には考慮する必要があるけれど、
結局は、ゴールという結果が評価の大きなウェイトを占めてしまうのもしかたない。


自分がストライカーの条件と考えていることの一つに
「2試合に1点以上のペースで、コンスタントにゴールする」ことがある。

でも日本人FWの現実は・・・。
JリーグでそんなFWは、大黒しか思いつかない。
海外では、大久保はスペインの下位クラブでレギュラーなんだけど、
高原、柳沢はサブの地位に甘んじてしまっている。

それで、強豪国でレギュラーポジションを獲得できる?
世界の舞台で、ここ一番でどれほどゴールできる?
シェフチェンコやアドリアーノみたいな仕事が期待できる?

2試合に1点のペースでゴールするFWは、かなり優秀だと思う。
それでも1試合あたりのゴール期待値は0.5点にしかならない。
そして、2トップに並べても2人で1点しか期待できない。

う~ん、かなり乱暴な計算だなぁ・・・w
日本人FWの現状を擁護をするつもりはないし、実際、奮起してほしいんだけど、
それが現状だということを改めて思い出してみたり・・・。


ところで世界に目を向けると強い国、クラブには、
必ずと言っていいほど決定的な仕事のできるMFがいる。

ブラジルのロナウジーニョにカカ、アルゼンチンだとリケルメやアイマール、
フランスのジダン、イタリアのトッティ、ドイツのバラック、
イングランドだとジェラードやランパード、他にもデコやネドベドとか・・・。
そして古くは、クライフ、プラティニ、マラドーナ、ジーコなど
挙げていけば切りがないのだ。

彼らはかなりの得点力も兼ね備え、バイタルエリアでも輝ける選手たちだ。
だからFWも楽になるし、相乗効果でチーム全体の得点力も増していく。
サッカーはそんな単純なものではないけど、そういう面は否定できない。

日本人はとくに欧州の選手に比べて、フィジカルの面で劣っている。
だから無意識のうちにバイタルエリアを避けているとは思いたくないが、
2列目、とくにトップ下と言われるポジションの選手は、
そこで勝負し、決定的な仕事が出来ないとお話しにならない。

世界的な流れとしては、ゲームメイクの役割はより後方に下がり、
トップ下のポジションは、第3のFWとしてのウェイトが高まっている。

中村が4戦目で挙げたゴールは、流れの中でのファイン・ゴールだった。
彼がトップ下と呼ばれるポジションに拘るのであれば、
流れの中で数多くあのようなゴールに拘る必要もあると思う。

幸いセルティックは、そういう感覚を磨くには打ってつけのクラブのようだ。
なので今シーズンの彼には、3試合に1ゴール、2試合に1アシスト!
それくらいの活躍を期待してみよう。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-08-30 22:33 | フットボールあれこれ
いわゆる海外組と代表メンバー選考について感じること
昨シーズン多くのゲームでベンチ、もしくは途中出場に終わったR・マドリーに所属するオーウェンが、プレミアに戻るかもしれないということを先に書いた。今シーズンのオーウェンは、昨シーズン後半のパフォーマンスにもかかわらず、ロビーニョらの加入によりレアルでは5番目のFWと位置づけられており、試合に出てなんぼのプロとしては当然の選択だと思う。

イングランド代表監督のエリクソンが明らかにしたところによると、オーウェンはエリクソンに代表でのポジションについて相談をしていたようだ。オーウェンのフットボールに対する姿勢を評価し、プレミアに戻ることを支持しているエリクソンの回答は、「昨シーズンのようなプレーを多くのゲームで見せれば、オーウェンを代表にピックアップする」というもの。残念ながら9月3日のWC予選、ウェールズ戦には、現在のオーウェンのパフォーマンスが分からないとして、エリクソンは彼を招集しない決断をした。


日本代表にも似たような例がある。海外クラブに所属していても試合に出場していない、出場しても結果が出せていない選手がかなりいる。中田英のペルージャが唯一の例外だと思っているが、その中田英もローマを去ってからは満足なプレーが出来ていない。そして黄金の中盤と呼ばれる選手の誰一人として、ビッグクラブでレギュラーポジションを得たことがないのが日本の現状なのである。

一方で、Jで結果を出している選手を呼べという声がある。半分賛成、半分反対。Jで結果を出しているということは、より世界で戦える可能性が高いことは間違いない。だけど、その選手の特徴が監督が目指すフットボールにフィットするかどうか、アジアレベル、そして世界のレベルで戦えるかどうか、それらはまた別の問題という側面があると考えるから。

<少し余談>
オシムがユーゴスラビアの監督をしていたイタリアWC緒戦、マスコミの主張する選手をすべて起用してドイツに完敗した。これでメディアの声を封殺した後、自分の理想の選手起用をして快進撃を成し遂げたなんてことがある。
それに選手の質だけで成績が決まるのであれば、イタリアのお兄ちゃんがこれほどスクデッドから遠ざかるはずもないと思う。


WCでグループリーグ突破を目指すような国には、3大リーグや5大リーグでレギュラーの選手がごろごろいるし、そして強豪国ではビッグ・クラブで活躍する選手が中心になっている。いくらJリーグのレベルが高くなってきたからといって、前回以上の成績を目指すには、現状ではやはり不安に感じてしまう。

最近では、中澤、小笠原、宮本の代表レギュラー組だけではなく、阿部、今野、茂庭、石川の海外移籍が噂になったり、平山、徳永が大学から移籍金のかからない海外移籍を目指すようになってきた。海外クラブに所属することによって、召集スケジュールやコンビネーションなど様々な面で支障をきたすことがある。

ジーコの次の監督がどんなフットボールを目指すかは分からない。しかし個の力を磨くことは絶対に必要なこと。「1対1に負けないではなくて、1対1に勝つ」。そう言えるように1人でも多く海外へ移籍し、よりトップレベルに近い場所でプレーすることが必要なのではと思う。

そしてそういう状況が生まれることで、国内クラブの若手にもチャンスが生まれ、リーグ全体のレベルが上がっていく、オランダリーグのようなそういう順回転が起こってこないかなと。

#おまけ
日本代表選手の移籍金相場のようなもの(transfer market)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-08-28 23:00 | 日本代表
カップ・トレブル!
リバポ3-1CSKAモスクワ(延長)

ぐだぐだな内容だったようですが、寝てる間に終わってたので・・・(汗)
インテル、バルサ、リバポでスーパー・カップ・トレブル!
奇跡のリーグ・トレブルを見てみたいぞ!!
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-08-27 07:41 | liverpoolやプレミアとか
オーウェン、カムバック?
Parry admits Liverpool want Owen(BBC)

今晩、CSKAモスクワとUEFAスーパー・カップを戦うリバポですが、
ついにリバポのチーフ・エグゼクティブが、
オーウェンにアンフィールドに戻って来て欲しいと!

既報の通りR・マドリーとニューカッスルの間では条件面の合意に達しており、
あとはオーウェンがサインするだけというまさに最終段階に差し掛かっていました。

オーウェンのニューカッスルへの回答期限は昨日までだったのですが、
オーウェンのリバポ復帰への強い希望にリバポが応えようとしています。
一方のニューカッスルは、デポルのルケを£9.5百万で獲得しましたが、
まだオーウェンの獲得を諦めないようです(BBC)

問題は、ニューカッスルがレアルに提示したと言われる£17百万が、
リバポの去年の売却額£8百万を大きく上回っていること。
リバポとしてもあまり高い金額で買い戻すことはできないでしょう。

リバポは、バロシュをアストン・ヴィラに£6.5百万で売却しましたが、
次はシセをモナコまたはマルセイユにするのでしょうか。

先週のサッカー小僧でトニーさんが、
「裏切り者!」「馬鹿!帰って来い!」と言っていましたが、
現地の多くのファンはまさにそんな気持ちのようです。

今のところ公式サイトには、何のコメントも出ていません。
移籍市場もあとわずか、どんな結末が待っているのでしょう...。

*金額はBBCいずれもBBCの記事に出ていたものです。

(´-`).。oO(公式サイトに出てもジェラードの時はだまされたな...)

#おまけ
小笠原移籍「次は容認」鹿島海外挑戦協力(日刊スポーツ)
バレンシアが移籍金のかからない大学生の徳永に注目しているようですが、
平山といい、そういうルートもあるのかなと考えさせらます。

レアルの監督が無線機指示で物議(スポニチ)
もし実現されると、監督のウェイトが高まりそうですが、なんだかなぁ・・・。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-08-26 23:27 | liverpoolやプレミアとか
チャンピオンズ・リーグGL組み合わせ決定
とりあえず組み合わせ速報と簡単な予想です。
C・D・E・G組が面白そうです。

リバポはカントリー・プロテクションがなかったので、
チェルシーと同じ組になりました。これは2位争いの悪寒・・・。

グループA           グループB
 ○バイエルン          ◎アーセナル
 ◎ユベントス          ○アヤックス
 ▲クラブ・ブルージュ      ▲スパルタ・プラハ
  ラピド・ウィーン        トゥーン
  2強で決まりそう        アーセナルは決まり?

グループC           グループD
 ◎バルセロナ          ◎マンU
  パナシナイコス        ○ビジャレアル
 ○ブレーメン           リール
 ▲ウディネーゼ         ▲ベンフィカ
  2位争い注目          混戦模様だけどマンU上位

グループE           グループF
 ◎ACミラン          ◎R・マドリー
 ○PSV            ○リヨン
 ▲シャルケ           ▲オリンピアコス
  フェネルバフチェ        ローゼンボリ
  さすがにミランが抜けてる    リバウド次第では・・・

グループG           グループH
 ○リバプール          ◎インテル
 ◎チェルシー          ○ポルト
  アンデルレヒト        ▲レンジャーズ
 ▲R・ベティス          アルトメディア
  リバポがやばい         インテルはまず大丈夫だな


各クラブはシード順
クラブ名横の記号は勝ち抜け予想です。

GLの組み合わせ決定を受けて、CLの優勝オッズがでました。(willhill)

オッズを見る限りは、やはりC・D・E・G組のレベルが高いようです。

チェルシー、バルセロナ、ACミラン、R・マドリー、ユベントス、マンUの
評価が高く、10倍以内のオッズになっています。

インテル、バイエルンは組み合わせに恵まれた割には15倍と評価が低いです。
インテルはユーベ戦を見た限りでは、今年は一味違う気がしたのですが・・・。

肝心のリバポなのですが、かなーり苦戦しそうな。
各組のオッズ上位3チームで比較すると、
ダントツに厳しいグループに入ってしまったよ ('A`)

リーグ戦ではいまいちだし、ジェラードはふくらはぎ痛めているし。
無事にGL通過できるのだろうか。
そういえば、去年もこんなこと考えたなぁ・・・。

#おまけ
日本のWC優勝オッズは、151倍で23番目でした。(willhill)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-08-26 12:25 | 欧州フットボール
欧州チャンピオンズリーグ本選出場クラブ

CL本戦出場32チームが決まりました。
リバポ、インテルは無事にGL進出です。

組み合わせが厳しいと思われたスペイン、イタリア勢はさすがに強かった。
モナコ、エバートン、スポルティング・リスボンが涙をのむことに。

それにしてもローゼンボリ以外は、見事に北欧、ロシア圏のチームが消えました。
今年も実力クラブが順当にGLを抜けそうな気がします。

GLの抽選は25日16時(欧州標準時)、
第1節は9月13日、14日から始まります。(UEFA日本語サイト)

スペイン   (4):バルセロナ、R・マドリー、ベティス、ビジャ・レアル
イングランド (4):チェルシー、アーセナル、マンU、リバプール
イタリア   (4):ユベントス、ミラン、ウディネーゼ、インテル
ドイツ    (3):バイエルン、シャルケ04、ブレーメン
フランス   (2):リヨン、リール
ポルトガル  (2):ベンフィカ、ポルト
オランダ   (2):PSV、アヤックス
ギリシャ   (2):オリンピアコス、パナシナイコス
ベルギー   (2):アンダーレヒト、クラブ・ブルージュ
スコットランド(1):レンジャース
トルコ    (1):フェネルバフチェ
チェコ    (1):スパルタ・プラハ
オーストリア (1):ラピド・ウィーン
スイス    (1):トゥーン
ノルウェー  (1):ローゼンボリ
スロバキア  (1):アルトメディア


仮に「UEFA Team Ranking 2005」 に従うと、
上位シードチームはこんな感じになりそうです。

第1シード
R・マドリー、ミラン、バルセロナ、リバプール、
マンU、インテル、バイエルン、アーセナル

第2シード
ポルト、ユベントス、PSV、リヨン、
パナシナイコス、チェルシー、ビジャレアル、 アヤックス

組み合わせ次第でチャンスがありそうなシード漏れクラブは、
ベティス、ウディネーゼ、リール、レンジャース、シャルケ、ブレーメンかな。
深夜の抽選会が楽しみになってきました。


[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-08-25 08:15 | 欧州フットボール
中村とか平山とか三兄弟とか
■ 中村(セルティック)

レンジャースとのダービーということで、ネットで見ていたのですが、
あまりいい出来ではなかったと思います。

報知サンスポの書くような出来ではなく、
Sundaymailディリー日刊スポーツに近い印象です。

昨日はダービーらしく激しいゲームだったのですが、もっと戦わないと。
味方の退場もあったけど、ゲームの流れに乗れていなかったような。
そして、足元でボールをもらいたがって、動きが小さいようにも感じました。

デビュー戦のように、シンプルにスペースへ走ったり、
積極的に自分で打開したり、そしてゴール前へ顔を出してゴールを狙う。
それにダービーなんだから、激しくボールを奪い取る守備をしなくちゃ。
そんなプレーが期待されているように思うんだけどな・・・。

自分が見ているサイトは、MAD BBCのフォーラムです。
次はもっとがんばれ。


■ 平山(ヘラクレス)

平山冷静「結果出てよかった」/オランダ(日刊スポーツ)

こちらはゴールの動画を見ただけですが、デビュー戦で結果が出せてよかったですね。
ゴールマウスに近い場所でプレーすれば、やはり面白い選手。
でも相手はプロ、次からは簡単にいかないと思います。
プレーの特徴を覚えられて、激しくつぶしに来られて・・・。
でもそれを乗り越えて、強いストライカーを目指して欲しいです。


■ だめぽ三兄弟

なんと大きいお兄ちゃんと小さいお兄ちゃんがスーパーカップをゲット!
いきなり2冠です ← 違うだろ!

昨晩は寝苦しくて目が覚めたら、
ネットでスーペルコッパをやっていたので、後半から見てしまいました。
お兄ちゃんを応援しつつ、イタリアらしい攻防に最後まで見てしまったら、
寝不足で今日のゴルフがぐだぐだになってしまったのでした。

リバポも26日のUEFAスーパーカップに勝利して3冠だっ!
イヤッッホォォォオオォオウ!
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-08-21 22:34 | 欧州フットボール
マスコミのサッカー中継・報道に思うこと
これまでに何度かこの話題について触れましたが、
最近ますます悪い方へ向かっている気がするので再び。

水曜日のイラン戦、自分はBSで見ていたのですが、
テレ朝の中継内容について某巨大掲示板で話題になっていて、
実際に動画やテキストで確認する限り酷いものでした。

Jリーグ以前の悲惨な状況を知っている人間としては、
サッカーそのものの面白さを伝えていかないことには
いずれ飽きられてしまうのでは?、と少々不安になってしまいます。

テレビ局は目先の視聴率を気にするのでしょう。
民放ならではの味付けまで否定しようと思いませんが、
まずはサッカーそのものを勉強して欲しい。

現在、AFC主催ゲームに関してはテレビ朝日が放映権を独占しているのですが、
スポーツの本質を茶化すような煽り中心の中継はほどほどにして、
少しは日本サッカーや文化としてのスポーツの将来を考えて欲しいと思うのです。

それともう一つ、こちらの報知はかなりアレな報道ですね。
さすが報知というところでしょうか。
ここでは例を挙げませんが、中田英に関してはもう1社ひどいとこがありますね。

中田はゲイにも人気!?(報知)
Bolton's man from Japan...via Perugia, Rome, Parma, Bologna and Florence (THE INDEPENDENT)

報知は、現地のTHE INDEPENDENT の記事を元にしているのですが、
彼のプレースタイルやポジションなどについてコメントされていて、
そちらがメインの記事なのに見事にスルーしています。

だいたい原文のニュアンスは「日本では男性にも女性にも大人気」くらいでしょう。
せめて「日本では、ゲイに人気、結婚したい独身No.1」くらいが
大手のスポーツ紙としての感覚だと考えるのですが。

中田英と中村は、今シーズンから英語圏でプレーします。
ネットを通して現地の新聞やフォーラムのサイトで、
価値が高い情報を得る方がよほど有意義なのです。

#ちなみにベッカムも結婚後に"gay icon"と揶揄されたことがありました。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-08-20 22:36 | フットボールあれこれ
1位通過(日本2-1イラン)
確かに勝利し1位通過したのだけど、これでWCで勝てるかというと物足りない。
まあジーコが足りないものは分かっているようなことを言っていたので・・・。


イランがDFラインを上げて来ていた割にはプレスが緩く、
後方のスペースを狙った大黒、玉田の飛び出しが生きる展開。
ボールを早く離そうと意識も高く、前半はいい出来だったと思う。

ゴールは加地さん(笑)
いつもの日本はあそこにフォローがなくてイライラしていたのだけど、
今日は前から前からプレッシャーをかけた流れの中できっちり詰めていた。

ただ個人の能力というか強さという面では、やっぱりイランの方が上かな。
とくに守備では、高さへの対応という面で不安をのぞかせた。
セットプレーでシュートまで持ち込まれるシーンが幾度か。

後半は守りの意識が生まれたのか、暑さに疲れてしまったのか、
イランの連携がさほど組織的だとは思わないのにいつの間にか押し込まれる。
おそらくは、不本意ながらカウンター中心にさせられてしまったのだろう。

勝負のことを考えれば、早めの選手交代があってもよいのにとじれったい。
ようやくワンチャンスを生かした形でCKから大黒がゴール!

と思ったのもつかの間、ダエイのポストプレーからPK。
36才でさすがに全盛時の動きとはお世辞にもいえないが、
ポストプレーの質の高さはさすがだった!

ようやく今野、阿部を投入し、なんとか逃げ切ったという印象のゲームかな。


このゲーム、自分の中では、ドイツで勝利し、
前回以上の成績を収めるための準備と位置づけていた。

前半は見所の多いゲームだった。
人もボールもよく動いて中盤を制圧、惜しいシーンを演出した。
もう1点は取っておいて欲しい気はしたけれど。

でも後半ははっきりいって微妙。
ゲームを支配されながらも勝ちきったことを評価すべきなのか、
それともあのぐだぐだ感を責めるべきなのか。

ちょっと足が止まるのが早すぎる気がするんだよな・・・。
まあ3-5-2であれだけ広い地域を万遍なくカバーしようとしたら仕方ないのかも。

攻守両面で最終ラインと中盤の連携はさほど悪くないのだけど、
あれだけラインが間延びしてしまっては、ボールは奪えないし、
押し上げが効かないから、攻撃もへったくれもないような。

ほんとにこの戦い方で大丈夫なんだろうか...。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-08-17 22:16 | 日本代表