<   2005年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ベストゲーム
おいらにとって2005年は、りばぽがCLを制覇し日本代表がWC出場を決めた年だった。
ということでそれぞれのベストゲームを見ていた。今年も大掃除に精を出さなかったことは内緒だw(Jであげるとすれば大分vs千葉かな)

まずCLファイナル。
3点をリードされ、絶望の淵に叩き落された前半終了後のりばぽサポの「絶望」。
かすかな「希望」を込めて歌われるユルネバが次第に大きな渦となっていき、
それに呼応したプレーヤーが「壮大なスペクタル(戦闘シーン)」を描く。
そして果てしない戦いの最後に待っていたものは、PK戦での「歓喜の爆発!!!」

間違いなく語り続けられる人生の縮図のようなゲームを見て、難聴の絶望下で歓喜の旋律「合唱」を作曲したベートーヴェンの姿やショスタコーヴィッチの「レニングラード」交響曲なんてのを思い浮かべる。

そしてコンフェデのブラジル戦。
圧倒的な戦力差をものともせず組織戦術で立ち向かう日本の選手たち。悲壮感なんてものが感じられていいと思うのに伝わってきたのは、モーツアルトのディヴェルティメントのような娯楽的な明るさだった。

ブラジルという相手が日本の良さを引き出してくれたこともあるんだけど、フットボールの面白さを存分に楽しませてくれたゲームだった。

ぢつは2試合ともネットで拾った英語実況版を見たんだけど、節度ある実況とプレーへの的確な解説が、2度目なのに緊張感を高めてくれた。そしてスタジアムの歓声の音量も十分で(この点はNHKも改善の余地があり)、グッド・ゲームを前にして次第に興奮していく観客と一緒にのめり込めたのだ。

(´-`).。oO(日本へのため息もずいんぶんあったんだなぁ...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-12-31 18:06 | フットボールあれこれ
りばぽ 2-0 ニューカッスル
CWCの敗戦を微塵も感じさせない完勝~っ!

りばぽは、とにかくボールを動かしアタックする
プレミアらしいフットボールでニューカッスルを圧倒!
ギブンの攻守がかろうじて試合を救っていた。

1点目は、クラウチのポストからジェラードが抜け出し見事なゴール!
そして2点目はクラウチが頭一つ抜けたヘディング!
と思ったらOGだとか。う~んこれは。。。

オーウェンにもゴールして欲しかったんだけど、
後半に退場者が出たこともあって消えてたorz...。

プレミアでは8連勝、そして再び無失点!
流れの中で崩せていたし、2点リードしてからはほぼ完璧。
ちょっと強さを感じさせてくれる内容だったのだ。

それでやっぱり気になるのはオーウェン。
ゲーム中はいつも通りの Anfield だったように感じたけれど、
オーウェンの名前がコールされたときにKOPからブーがあったとか...。

その行為についてジェラードが「失望している」とコメント。
こんなことでジェラード刺激すんじゃねーよ ヽ(`Д´)ノウワァァン!!

Gerrard slams boo boys(Sky Sports)

Steven Gerrard has slammed fans for booing former Liverpool favourite Michael Owen.
The Newcastle United striker came in for some harsh treatment from a section of fans during his first ever return to his former club, prompting the Reds skipper to round on the Anfield faithful.
"I am disappointed with that," he told Sky Sports News.
"He should be a legend here for all the goals he has scored for Liverpool in the past."
Owen got very little change from a resilient Reds defence although he might have enjoyed a vintage afternoon at Anfield had he been able to swap sides, as a litany of Liverpool chances went begging.
"He got a mixed reception, which is disappointing," Gerrard added.
"I do not think they were booing him much but he deserves a standing ovation for the goals he has scored."

GuardianBBC にも同様の記事。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-12-27 19:48 | liverpoolやプレミアとか
アメリカ遠征メンバー発表
このチームの一番重要な課題は、ジーコがアンゴラ戦の時に言っていたように「前線からのプレスと早い攻撃」だと思う。でも今回のメンバー選考は、そういう観点で選出されたメンバーなのかな。これまでのチームがベースになるのは分かるけど、ジーコが挙げる課題を克服できるとは・・・。

見慣れた名前が多いメンバー構成なんだけど、それなりに新鮮味もある。ただ怪我の楢崎→曽ヶ端、今野→長谷部、玉田→佐藤寿という風に見えてしまう。これまで試したきた選手の力量は把握できているわけだし、ゲームでは積極的に新しい選手を試して欲しいなと・・・。というよりもっと新しく試す選手がいるだろうと、またいつもと同じことw

長谷部は確かにジーコのサッカーに向いているように思う。ただチームの変化を考えると、坂本や佐藤勇みたいな選手もよかったかもしれない。でも千葉としては、中途半端なキャンプに呼ばれるよりはよかったのかなw

佐藤寿が入ったのはよかったな。久保の復調次第だけど、でかいのが3人なら西澤もありだったろうし、FWは思い切って古橋や野沢なんてのもおもしろかったのにな。海外でプレーする選手がいないこともあるけれど、あまり変化は期待できないかも(´・ω・`)

日本代表候補トレーニングキャンプ(宮崎)・海外遠征(米国)メンバー
(JFA公式)

GK 土肥 川口 曽ヶ端
DF 田中誠 宮本 三都主 中澤 坪井 村井 加地 駒野 茂庭
MF 福西 小笠原 本山 遠藤 阿部 長谷部
FW 久保 巻 佐藤寿 鈴木
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-12-26 19:29 | 日本代表
2005Jリーグアウォーズ

ロナウジーニョが2年連続でFIFAの年間最優秀選手に選ばれたとか。もうコメントする気さえ起こらない当然の受賞だw いったい彼の限界はどこにあるだろう。いつの日にか日本にも彼のような選手が・・・。

そして日本では、Jリーグアウォーズの日。(J's GOAL)

だんだん名前だけで選ばれることは少なくなってきた気がする。でも、もしチームとして考えるなら佐藤勇を入れて欲しかったかな(笑) 今年はWYがあったからか、新人もそこそこ出てきた印象がある。でももっとコンスタントに試合に出れる若手が出てきて欲しいなと。それと監督特別賞を受賞したオシムたんはすでに日曜に帰国、タキシード姿はお預けなのだ(´・ω・`)


最優秀選手賞 アラウージョ(G大阪)
ベストイレブン
 GK 吉田(C大阪)
 DF 闘莉王(浦和)、ストヤノフ(千葉)、中澤(横浜M)
 MF 小笠原(鹿島)、阿部(千葉)、遠藤(G大阪)
    フェルナンジーニョ(G大阪)、古橋(C大阪)
 FW アラウージョ(G大阪)、佐藤寿(広島)
監督特別賞  オシムたん(千葉)、小林伸二(C大阪)
最優秀監督賞 西野朗(G大阪)
得点王    アラウージョ(G大阪)
新人王    カレン(磐田)
優秀新人賞  カレン(磐田)、前田(C大阪)、西川(大分)


一方で、こんなのもあったりする・・・。
2005Jリーグアンフェアなプレーに対する反則金(Jリーグ)

J1では、半分の9チームが反則金を払うことになった。反則ポイントの多いチームは、降格3チーム+優勝を争った中から3チーム。J2では、反則ポイントの多いチームが下位に沈む傾向が見られ、少ない3チームが見事に昇格を果たしている。前に読んだコラムを思い出してしまい、今日もまたなんだかなぁ・・・なのだ。
マイケル・チャーチ(元AFC NEWS編集長)#どこかのコラムで読んだ記憶があるけどソース不明なので、某巨大掲示板よりコピペ
  • 4年前、アジアクラブ選手権決勝で磐田-水原の試合を見たが非常にハイレベルな試合だった。磐田は藤田と名波を欠いたが福西が高原、中山に決定的なパスを何度も供給し水原をゴール前に釘付けにしていた。そして田中、鈴木、大岩の3バックは鉄壁だった。結局、サンドロのゴールで優勝は逃したが、勝敗を分けたのはほんのわずかの運の差だった。
  • だが、2週間前のヤマハスタジアムでの磐田-水原戦は全く違う内容だった。最終スコアこそ4年前と同じとはいえ、0-5の大敗に終わっても仕方のない内容だった。水原との力の差は歴然としていた。この敗戦で決勝トーナメント進出は絶望的となった。数字上では可能性は残っているが、今の磐田にアウェイで水原を倒せるとは到底思えない。
  • 横浜Fマリノスもグループリーグ敗退の危機に直面している。
  • 以前私はJリーグのレベルはアジア最高峰にあると確信していたが、韓国、中国のクラブとの直接対決を通して、その考えは変化しつつある。
  • 最大の問題はJリーグが甘すぎるということ。
  • 例えばちょっと触れただけで審判はファウルをとってしまう。そうでない場合にはその選手が延々とピッチに倒れこんでしまい、相手チームはボールを蹴りだすか、審判はプレイを止めてしまう。
  • 特にW杯でゴールを決めた某日本代表選手の演技には失望されられる。
  • 「倒れれば何とかなるさ」という甘い考えがリーグ全体に蔓延している。
  • ACLではただ倒れるだけでは決して笛を吹かれることはない。重要なのはファウルがあったがどうか。もしアジアではプレイを流す傾向にあると感じたのならば世界とは大きくかけ離れたJリーグ基準に慣れきってしまった証だ。
  • 全ての接触プレイがファウルとジャッジされてしまうと、ラフプレーとは異なる激しさが消えてしまう。日本の選手はボールテクニックに長けているけど、水原の厳しいプレスの前に磐田は決定機を一度たりとも作れなかったように、それだけでは激しいプレイの応酬となる国際舞台は勝ち抜けない。水原の激しさは普段のKリーグで培われたものだ。磐田が後半若干盛り返したのは、慣れてきたせいもあり甘えを捨て去ることができたから。
  • とにかくJリーグは変わらなければならない。そのためにもACLは必要不可欠な大会だ。韓国、中国のクラブと真剣勝負を繰り広げることにより、勝敗以上に貴重な経験がつめる。

[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-12-20 21:23 | Jリーグとか
お金の使い道
千葉が「選手再生工場」下部組織増やす(日刊スポーツ)

現役続行を望む選手の「再生工場」の完成だ。千葉が下部組織として、県リーグレベルのチームを設ける構想を持っていることが13日、明らかになった。

 すでに来季JFLに昇格するアマチームを持つ。この日のJリーグトライアウトでも将来性ある選手3~4人の採用を決めた。しかし、千葉はさらに多くの選手の受け入れを視野に入れている。「できればもう1つ、県リーグにチームを持ちたいかな」と昼田強化部長。さらに若い戦力で第3のチームをつくる計画を立てている。

 「結果にこだわらず、じっくり選手を育成できる場が欲しかった」と同部長は言う。優勝や残留、昇格を争うJクラブに入団した選手は、戦力にならないとすぐに契約解除される。この日も平均年齢24・6歳、97人の選手が、新たな所属先を求めていた。その構図を変えるのが狙い。J昇格を狙わず、かつ自分で働いて給料を稼ぐため、クラブは急に契約を解除する必要がない。実力をつければ、オシム監督のトップチームに昇格できるため、モチベーションも高まる。

 第3のチームをつくり、アマ選手を世代別に分ければ、多くの選手を受け入れられ、育成もしやすい。プレーをしながら働くことは、引退後の就職を容易にするという側面もある。日本サッカーの構造改革を、千葉が旗手として引っ張る。【塩畑大輔】

浦和のレッズランドや甲府のような地域一体の支援であったり、他にも周辺スポーツを手がけるクラブだったり...。いろんなクラブがそれぞれのやり方で地域に密着するクラブを目指しているわけだけど、フットボールクラブとして下部組織の充実だけは忘れないで欲しいなと思う。

ついこの間、千葉のアマチュアチームがJFLに昇格した。さらに今回のニュースは、その下部に県リーグのチームを持とうとする試みのようだ。再生工場という呼び方はどうか思うけど、本格的なクラブを目指している期待感でワクテカ。

もともと千葉の育成には定評があった。でもやっぱり若手に出場機会が確保されるのは大きいよな。海外クラブのアマチュアやセミプロ選手のように、定職を持ったり、千葉の職員として働きながら上を目指す選手も出てきているのだろう。
なにより地域のスポーツ振興にも貢献できそうだ。そして千葉のアマチュアで頑張って札幌に移籍した芳賀選手のように、日本全体の底上げにも資するかもしれないし...。

少ない予算だから選手を抜かれる側のクラブだったけれど、千葉やるじゃん!
古い話だけど、ナベツネが新リーグ構想を口にした時に賛同したから、千葉には懐疑的だった。でもオシムたんのフットボールといい今回の件といい、もうしびれまくり。
正直スマンカッタ..._| ̄|○

(´-`).。oO(他のクラブが育てた選手を取るより、こういうお金も...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-12-14 18:04 | フットボールあれこれ
階段の登り方
フットボールは、「何をやろうとするか」が大切だと思う。
もちろん許されないミスはあるが、断じてミスのスポーツではない。
大木監督のコメントにはとても共感させらる。

エンターテイメントを追求するとリスクは高まるし、世智辛くいくほうが賢いと思う。
この監督の試みは失敗に終わってしまうかもしれないが、
日本は一度も失敗を経験することなく、現実的な考え方が幅をきかせつつあるようだ。

ドイツWCで日本はどんな戦い方をするのだろうか。

●入替戦後の大木武監督(甲府)のコメント(J's GOAL)

Q:第1戦でミスが多く、それを気にされていたようですが、今日はほとんどなかったように思いました。それについてはいかがでしょうか?

「ミスというのが何なのか、まずちょっと私には分からないんですが、一番私が気にしたミスはボールを奪ったあとの処理ですね。そこは1戦目が終わった後に強く言いました。ただ、今日も何回かありましたね。1つはつなぐこと。もう1つは切らなければならない時があるんですよ。そこを切れないで、相手にセカンドチャンスを与えてしまう、という場面がありました。そこはちょっと納得いかなかったですね。ただハーフタイムにそれははっきり言いました。それから最後は相手も一人少なくなりましたし、ちょっと守備固めをするような形になったんですが、向こうもスクランブルといいますか、誰がどこにいるのか分からないような状態になった。そうするとうちはフォーメーション通りにやっていても、相手はそうはいかない。マークを決めて、ディフェンスに入るという事をやりました。その時のマークのミスもありました。その辺が気になっただけで後は大きな問題はなかったと思います。もちろん細かいミスはたくさんあったと思いますが、許容範囲だったと思います。1戦目と2戦目と違うのは、取った後のボールですね。その処理は1戦??よりは多少よかったかなと思います」

Q:大木さんが目指してきたサッカーの、そのキーワードを教えてください。

「エンターテイメントです。お客様が見て、もう一度見たいと思うようなゲームです」

Q:おもしろいと思うのはどこなんでしょうか?

「『プレーする事』です。なかなか分からないと思うんですが、今プレーする選手が少ない。プレーしているチームも少ないと思います。
演技をする選手もいる。その中でプレーに集中する。それが一番です(笑)。それは見に来てくれなければ分からないですよ(笑)。」


世界を経験した名将は、日本が現状の戦力で世界と戦うために、
そして真のフットボール強国になるために必要なものを的確に指摘してくれている。

世界的にみれば、日本なんてまだまだぽっと出の若輩者。
失敗したっていいから、WCでは腰を引かずに闘って欲しいものだ。

●天皇杯敗戦後のオシム監督のコメント(千葉公式)

Q ジェフは今年、セレッソと相性が悪いが。
A ジェフにはジェフのサッカーがあるが、セレッソにはセレッソ特有のスタイルがある。ただ、そういったことより、うちが苦手とするのは、体がガッシリしている、身体能力の高いチームで、そういったチームとゲームをするときに、うちは体重が軽くて背が低いから、競り合いのシチュエーションがこないように、運動量で回避するしかないが、それができないと今日のような試合になる。日本のサッカーはまだ技術を重視している部分があると思うが、やはり、世界の高いレベルまでいくと、強さも必要になってくる。残念だが、それが世界のサッカーのトレンドで、できるだけ速く、できるだけガッシリして、できるだけ大きい選手が必要とされている。

[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-12-11 10:49 | フットボールあれこれ
( ゚∀゚)o彡゚ 甲府!甲府!
甲府の選手、監督、関係者、そしてサポのみなさん、
ほんとにおめでとう!

今日初めてきちんと90分見た。
ボールも人もよく動いて柏を圧倒していた。
天皇杯の試合後にオシムたんが賞賛してたのも当然といえる内容で、
こういうチームがJ1で見れることがほんとにうれしいや。

消滅危機を乗り越え、今なお小規模な予算。
それでもサッカーの質次第では、J1にあがれることを実証した。
これからJリーグやJ1を目指すクラブに勇気を与える昇格だ。

もちろん補強は必要になるだろうけど、
ダントツに小額な予算でJ1定着を目指すのもいいかな。

J1ではなかなか目にすることができないスタイルだから
意外にやれるかも、なんて夢見ているおいらがいる。

甲府といえば、碇温泉や山口温泉、草津温泉とか隠れた名湯の穴場!
あと気をつけて食べないと粉が吹き飛ぶ信玄餅にほうとう。
なんだか甲府に行きたくなってきたや。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-12-10 18:36 | Jリーグとか
「オシムたんの作品」
どうしても千葉のスタイルに日本代表の理想形を見てしまうおいらの戯言(笑)

G大阪と千葉、リーグ戦優勝チームとリーグカップ優勝チーム。どちらも攻撃的で、魅力的なフットボールを展開しているが、コンセプトはかなり違う。

より理想的なのはG大阪なのだと思う。ゴールすべきFWがたくさん点を取って、守るべき人が守る。端的に表現すれば、王者のスタイルだ。G大阪は、攻撃的であるがゆえに失点も多くなるが、リスクを犯す度合いは小さく、全体のバランスは千葉を上回っているように感じる。あと少しDFラインに個に強い選手がいれば、他のチームはつけ入る隙がなかっただろう。

一方の千葉は、ムービング・フットボールという言葉がふさわしいかな。人もボールも動きすぎるくらいに動く。「アンバランスがバランス」して見事に調和した姿は、かつての磐田を上回っていると感じるし、74オランダを髣髴させられる瞬間もあるほどだ。

フィジカルに恵まれない選手たちが技術とクイックネス、とくに判断のスピードで勝負する。体に染み付いた選手個々のスペースメーキングと連動して次々にスペースを埋める動きが、チーム全体を機能美にあふれるチームにまで昇華されている。もちろんオシムたんはそんなことはこれっぽちも感じていないだろうけど、J屈指のスタイルは、このまま欧州で披露しても相当の評価を受けると思う。さすが、「オシムたんの作品」だと。

G大阪のフットボールで勝てれば理想だと思う。今の代表が目指しているフットボールは、これまでの内容がどうであれG大阪のスタイルに近いだろう。最後のゴールという仕上げの場面は、戦術だけでどうにかなるものではない。しかし代表には、アラウージョのようなストライカーはいない。果たして代表が今のままのスタイルで、WCでGLを突破し、前回以上の成績を収めることができるのだろうか。

一方の千葉のスタイルは、攻撃時には共通理解と運動量で積極的にバランスを崩して、すなわちリスクを負って、絶対的なFWがいないという欠点を補い、誰でもゴールできるというチームとしての長所に変えている。しかしそのスタイルでは、おそらく世界の強豪クラブでさえ安定したパフォーマンスを継続することは難しいのが、フットボールのもどかしいところ。

日本人FWに多くは求めない。それは才能の範疇に属することだと思うから。しかしビルドアップできないDF、パスを出しっぱなしで眺めているMF、ほんと3ヶ月でいいからオシムたんに鍛えてもらって意識改革をして欲しいものだ。それはまあ無理だろうから、阿部、佐藤勇、羽生だけでも刺激を与えるために代表に呼べないかとため息。代表と千葉の練習試合でもいいけれど...。

#おまけ
これぞリベロ、JEF千葉、イリアン・ストヤノフ選手、背番号5
(【岩井不巡のスポーツコラム】)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-12-06 22:00 | 日本代表
ホンジュラス戦、備忘録
ホンジュラス戦の試合前にジーコは、
「高い位置でボールを奪って、早い攻撃」という言葉を使って、ゲームの狙いを説明していた。
フォーメーションは3-5-2で、なるほど中盤の枚数は1枚増えることになるし、
ジーコの3バックにしてはなかなか攻撃的だった。

ジーコはよく、相手FWの枚数とDFの数の関係を口にする。
最終ラインは相手FW+1のDFラインだと。
でも相手が2トップであっても3バックもあれば、4バックもやる。
使いたい選手優先は分かるが、試合中のポジショニングが硬直的では...。

ホンジュラスは、試合中に1トップに変化していた。
しかし日本は3バックのままで対応を続け、低い位置で2枚余ることになっていた。
中盤で数的不利を招く状態は、後半半ばに選手交代するまで続いた。

早めの選手交代で4バックに変更する方法がある。
でも早めに動いて、相手が2バックに戻してきたら元の木阿弥。

宮本が中盤の底の位置まで上がってもよい(オシムたんの2バックに近いイメージ)。
局面、局面で数的有利を作りたがる中田英が自然に押しあげられ、
あのゲームでは、より中盤の高い位置でプレッシャーを与えることができたはず。
でもジーコにはそんな発想自体なさそうだな。

3CBの中に1人、4バックのSBができる人間を最初から入れておく?
仮に中澤、宮本がはずせないとして、田中誠の代わりに誰を入れるか。
サントス、村井、加地、駒野...。SBはできてもCBタイプじゃないな。

かなーり役割が違うからまあ仕方ないなと思っていたら、代表では中田浩がいた...。
サントスが前で使えれば面白いけど、中村、松井がいるしな。
( ̄^ ̄)ふーむ。。。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2005-12-01 18:51 | 日本代表