<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
日本 2-2 ドイツ
いい試合だった。久しぶりに高い位置でボールを奪って早く攻めるという意思が選手の動きに現れていた。とくに守備は、必要な時に必要な場所で相手選手にプレッッシャーをかけて簡単にプレーさせず、ドイツがハーフウェイを越える頃にはしっかりと守備ブロックが構築されていた。少なくともこれまでのWCや先のアジアカップのような腰の引けた戦いぶりではなかった。

それでも問題点をあげるとすれば、やはり2点リードしてからの守備かなと。ジーコは裏のスペースに走りこむタイプの大黒とスピードのある玉田を起用したが、前線から強いプレッシャーをかけられる巻という手もあった。この辺りがジーコらしさなのだろう。

一般的に強豪クラブは、ボールの奪いどころが高く、中盤でボールを奪ってからのハーフカウンターを志向している。守備戦術が洗練された現代では、DFラインを下げたカウンター戦術を機能させるためには決定力とスピードを兼ね備えたFWが必要になるが、すべてのクラブがそんなFWを持たないし、日本にも同じことが言える。
ボールを奪うために攻守が切り替わった瞬間、前線からボールホルダーに強いプレッシャーをかける。1人目で奪えなくても、2人目、3人目の選手が少しでも高い位置でボールを奪うべくトライする。たとえボール奪取に失敗してもこの動きが結果的にディレイを成功させ、チーム全体でのリトリートに成功し、守備バランスを整える。
これまでの多くのゲームで、日本の守備は守備ブロックを構築することを優先しすぎて後方への一方通行だった。FW、OHはコースを切っても、ボールを奪うまでに至らなかったし、その意欲も希薄だった。全体の意識が統一されていないこともあったが、中盤と最終ラインの距離感が悪く自陣深くに引かされた形になり、攻撃時の反発力を失うことしばしば見受けられた。

この点については、日本の専門家の中にも中田英のバイタルエリアから離れる動きをバランス面で批判する人がいる。自分も彼の動きが今の代表の中で浮いていることを書いてきたが、彼の動き方自体はスタンダードなものだとも今も思っている。
りばぽにモモ・シッソコという選手がいる。DHの選手だが、とにかく高い位置からボールのあるところに顔を出してボールホルダーにプレッシャーをかけ続ける。もちろん周囲のFW、OH、ときにはDFまでがその動きに反応し、高い位置でボールを奪おうとする。ボール奪取に成功すればハーフカウンターに移り、もう一人のDHのアロンソにボールがこぼれれば彼の展開力が生きる展開になる。
日本だと、最終ラインが中田英や前線の動きに合わせた距離感を保ち、前線からプレッシャーをかけて高い位置や福西のところでボールを拾う形。DFラインを下げるのはこういう動きの後で、ようやく中田英がフィットし始めたのかなという印象を受けた。もっとも自分が思い描く理想は、中田英以外のDHがつぶし役に回って、中田英がボールを拾って展開する形だけど・・・。

中田英を中心に書いてしまったが、彼をフィットさせたのは中村、福西、宮本ら周囲の頑張り。中村は守備で効いていた、そして攻撃でいい意味で消えていた。守備で頑張ったのでOHとしてはポジションが下がってしまうけれど、このゲームでは全体の流れがよく、後方から彼のスペースを活用しようとする動きがあった。どんな位置でも苦しい瞬間にボールを預ければ簡単に失わないし、ともすれば中村経由に偏りがちな攻撃手段が多様化する要因になっていた。
福西はこれだけ頑張れるのなら、普段からもっと動けるだろとw。以前ジュビロのスタッフが代表の福西を見て「あんなに走る福西を見たことがない」と冗談を飛ばしたらしいが、前後左右にカバーに走り回り、タイミングよく攻撃に参加する福西を本大会でも見られれば簡単に負けることはないだろう。
そして宮本。まあ高さでやられるのは覚悟していた。しかし代表ではギャップを大きく取る彼が、この日は前への意識が強く中澤、坪井の前に出てパスをカットする場面も。そういう守備を絶えずやる必要はない。少しでも相手に意識させれば成功で、相手の攻撃も遅れる。スポーツ紙がさかんにラインの高さについて中田英との考え方の違いを指摘していたが、ゲーム全体を通してうまくコントロールしていたと思う。

この試合、大方の予想に反して日本は2点をリードした。守備的になるのは理解できる面があるが、強いチームはきっちりゲームを閉めてしまう。攻勢に出た相手にある程度押し込まれることは仕方ない。しかしその回数や時間を少しでも短くする方法が、ジーコと自分の考えでは違っていた。
ラインが下がってしまうと、フィジカルに分のあるFWを自陣ゴール近くまで引き込んでしまう。もう少し踏ん張って全体をコンパクトに保ち、高い位置で勝負したかった。前線に守備のできるいきのいい選手を入れて、ボールの出どころを抑える方法もあったかなと考えるのである。
幸いドイツは中盤を省略して、日本の弱点の一つである高さ不足をダイレクトについてこなかった。この辺りがクリンスマンに変わったということなのだろう。しかしこの試合を分析するであろうオーストラリアやクロアチアは、どういうプランを立てるだろうか・・・。

ところでたとえアウェーに近い欧州で、日本がGLを突破し上位進出するためには、サッカーの内容で本場の観衆を魅了し、声援を受けを受けることが必要だと思う。コンフェデのブラジル戦が大会のベストゲームに選ばれ、日本の敗退が惜しまれたように。今日のゲームは、そんな可能性も感じさせてくれたのである。

(´-`).。oO(同時並行でみたイングランドも面白かった...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-05-31 00:00 | 日本代表
ウォームアップ・ゲーム
○クロアチア 2-2 イラン

おそらくはホームゲームだからなのだろう、この日のクロアチアは前掛かりだった。アルゼンチン戦のような組織的な守備からのカウンターという印象は薄く、かなり攻撃的な姿勢のゲーム運び。とくに後半はイランが守備的に戦ったので、地力に勝るクロアチアが明らかにゲームを支配していた。

実況アナが、クロアチアはある程度メンバーを固定し、選手交代も本番を想定したものだと言っていた。まさかこの時期になってモデルチェンジをしたとは考えられない。同じメンバーで守備的にも攻撃的にも戦えるのだろうが、バランスやゲームの落ち着きという点ではやはりカウンターがベースのチームだと感じた。

前線からガツガツくるのは同じだったが、その点を克服すれば日本もある程度パスを回せそうで、このクロアチアならなんとかなるかも?そんな期待をしてしまう内容だった。でも先制だけはされたくない相手だな。

94WCのオランダ vs ブラジルを見てみた。圧倒的な内容でベスト8に進出したブラジルに対し、一歩を腰を引かないオランダを急に思い出したから。日本はどんな戦いを見せてくれるのだろう・・・。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-05-29 00:00 | 欧州フットボール
ウォームアップ・ゲーム
○ オランダ 1-0 カメルーン
オランダの大男たちがカメルーンの身体能力をもろともせず、スキルフル、スピーディなフットボールを展開する。イングランドBの試合もそうだったが、ボールが動くテンポがいい。たとえ足元へ出すパスでもパスにスピードがあり、まともにプレッシャーを受けることが少なく、次の展開が楽しみになる(このレベルだとプレッシャーが強い方が面白いかもしれないけど)。ファンバステンになって、以前の脆さは解消されつつあるようだ。激戦区のC組がますます楽しみになってきた。
カメルーンは依然としてディシプリンに問題があるようだ。高い身体能力とラフが紙一重というカードもあったが、どうかと思うプレーも多かった。まあこれが世界の玉際の激しさでもあるのだけど。

○ フランス 1-0 メキシコ
オランダをメインで見ていたが、一つ言えることは、フランスは一時期のグダグダから脱出しつつあるということ。決定機も多く、観客の反応がWC予選前半の時とは明らかに違っていた。ただジダンが目立つ試合でないと展開的に単調になりがちで、やはり物足りなさを感じてしまう。このままでは上位進出は厳しいかも。この試合はアンリがいなかったけど。
負けたけどメキシコはやっぱりいいチーム。狭い局面を巧みなテクニックとパスワークで打開していく様子が楽しい。運動量も豊富で小気味よさを感じる。欧州所属の選手は少ないがクオリティは高く、メキシコらしさも健在。内容的には五分以上だったか。

で、改めて日本はブラジルテンポのゆったりとしたサッカーをしているなという印象が強く残った。テクニック重視の綺麗なサッカーをしているとも言えるが、どこまで世界で通用するのだろうか。
ドイツがルクセンブルグを7-0で粉砕した。相変わらずの生真面目さというか空気の読めなさw。これまでホームで質の伴わない相手とばかり強化試合をやっていた日本。この期に及んで自信を失われても困るのだけど、きっとドイツは全力で戦ってくれるはず。本大会を予測するうえで格好の物差しになりそうだ。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-05-28 00:00 | 欧州フットボール
イングランドB代表 1-2 ベラルーシ
オーウェンのことが気になって、イングランドB代表vsベラルーシのWCウォームアップマッチを見た。イングランドのB代表はA代表のリザーブ・マッチ的なもので、かつてはガスコインが見い出され、本番で大活躍した。FWを除きほぼ布陣の固まっているイングランドではあるが、そんな興味もあった。

オーウェンは見せ場こそ少なかったが、まずまず動けているようだ。りばぽつながりでは、クラウチはエリクソンまでもがジェラードのFW起用をほのめかす発言をしたのもうなずけるかな。ただ戦術的に重要な役割を担っていて、とくにポストプレーが効果的。ラファと同じように使いたくなるのも無理はない。グリーンが怪我をしたようだけど、カーソンは本大会に出れるのだろうか。

で、噂のウォルコットが60分過ぎにオーウェンと交代出場。まだ体は出来上がっていないようだけど、スピードと切れで勝負するタイプで、仕掛ける姿勢、仕掛け方とも好感。プレミア未出場なのに堂々としていて、1本の惜しいシュートで才能の片鱗を披露したというところか。

ところで、ベラルーシは旧ソ連の流れを感じさせる組織プレーが印象的だった。前線からのプレスでボールを奪い、シンプルにサイドに展開して速攻という形があり、一つ一つのプレーに狙いを感じた。B代表とはいえイングランドのスピーディかつ大きな展開にも対応できており、ときにはDFへの鋭い寄せで度々高い位置から攻撃をしかけていた。

あとこれはイングランドにもいえることだけど、ポストプレーをうまく使って全体を押し上げているなと。楔のパスの出し手も特定の選手に偏っておらず、DFからも何本か鋭いパスが出ていた。欧州予選で5位だったがしっかりとしたフットボールで、もし戦えば日本は苦労するだろうな。

# 備忘録
とある甲府の練習風景のレポ(U-KS Loggin')
[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-05-27 00:00 | 欧州フットボール
全面的に賛同します。
現物は実際に見ていないが、エルゴラに下に引用した原博実さんのインタビューが掲載されたと聞いた。
「誰もいなきゃ巧いですよ日本人は。でもサッカーは相手がいるスポーツだから。相手がいてぶつかってきてもそれを出せるかどうかっていうのが、本当のサッカーの巧さなんじゃないですか。ヨーロッパでは球際が激しいから、日本で少々巧いって言ったって通用しませんよ。あんだけ激しいタックルしてきたら、足先のプレーじゃみんな潰されちゃう。一人ぐらいかわせたとしても、ズバーンといかれたら2,3ヶ月できなくなっちゃいますから。Jリーグも早くそうなって欲しいですけど、レフェリーの笛ひとつとっても、ちょっとぶつかってはピーッって吹かれては、それ(ヨーロッパ基準のタックル)はできません。今年は去年よりは流そうっていうのがありますけど、レフェリーも選手も指導陣も協力してレベルを上げていかないと。」

まったく同じ意見だ。何度か同じ趣旨のことも書いた。

サッカーで一番大切なものは技術だと信じている。そして確かに日本人の技術レベルは向上している。しかし世界のトップクラスの選手やリーグでは、フィジカルと身体能力に優れた選手が激しくぶつかり合う強いプレッシャーの下で技術を競っている。確かに時には技術でかわすことも必要だけど、かわしてばかりではゴールは遠くなるばかり。

Jリーグの最大の問題点は、一部のレフェリーを除いてコンピューターが答えをはじき出すがごとく笛を吹くことだろう(少し前に見たJFLのレフェリーはさらに酷かった)。そして選手もそんな笛を利用しようと簡単に倒れ、守備陣形が整っていないとプロフェッショナル・ファールを繰り返す。プロだからつまらないゲームをしても勝てばよいのかもしれない。多くのファンも勝敗を最優先するだろう。だが、そんなプレーでは世界でリスペクトされないし(日本は、この点はすごく寛容だと思う)、世界に通用する選手を輩出する土壌さえ育たないことを危惧する。

ところでナビスコカップの決勝T出場チームが決まった。楽しみの一つは、今年から欧州のカップ戦では広く採用されているアウェーゴール・ルールが採用されること。このルールだけが理由ではないが、欧州に限らず南米でも、日本よりはるかにホーム・アウェーの差がサッカーの内容に反映される傾向がある。日本でも新ルール導入を機に、なにか変化が起こるのだろうか。

フットボールは世界のスポーツで、残念ながら日本は後進国。独自路線を歩む意味をあまり感じないし、まずは世界に合わせればよいのにと思う。H&Aのことはともかく、レフェリーの笛がリーグの性格や日本の進むべき方向に影響を与えることだけは勘弁なのだ。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-05-22 00:00 | フットボールあれこれ
バルサ2-1アーセナル
バルサはりばぽと並んで大好きなクラブ。内容だけなら一番と言ってもいい。対するアーセナルにはベルカンプがいる。今シーズン限りで引退してしまうかつてのアイドルが最後に大耳を掲げる姿も見てみたい。どちらにも肩入れできない複雑な感情が入り混じる中、試合開始を告げるホイッスルが鳴る。

ハイベリーのR・マドリー戦のようにアグレッシブにいけば、バルサも容易でないと予想していたが、ガナーズがいい形でゲームに入った。幾分バルサに分がある流れだが、10分過ぎには好ゲームへの期待感が高まる。しかし1つのプレーがゲームの最大の分岐点となり、両クラブの明暗を分けることに。

そして、それは好ゲームの予感が崩れさった瞬間だった。前半18分のプレーは、ガナーズからレーマンとピレスを奪ってしまった。ガナーズはカウンター戦術に転換せざるを得ず、バルサは難なく得意のポゼッション・フットボールを展開する。

アーセナルがセットプレーを生かしたことで、勝負の行方という点では興味はつながった。しかしその後はガナーズの華麗なパスワークもベルカンプも目にすることはなく、アンリが決定機を逃してしまう。ロナウジーニョもスーパーな出来ではなかった。

決してゲームのレベルに満足できなかったわけではない。欧州でも一流のテクニック、激しいあたりと玉際の強さ、崩しのスピード・・・など楽しめる要素は存分にあった。でもやっぱりフルメンバーでの戦いを見たかった。せっかくの優勝とバルサらしい美しさが色褪せた感じで、なんだか悲しい今年のCLファイナルだった。
#余談
レフェリーはあのレッドカードを後悔しているようだ。
"I would have liked to have taken a few more seconds before I made a decision," Hauge told a Norwegian newspaper.
"If I'd done that, I could have given a goal and given a yellow card as well."
(Referee regrets Lehmann red card)

ベンゲルの日本代表監督はやっぱりありえない?
"We will be back, of course" (Wenger left frustrated by defeat)

[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-05-18 00:00 | 欧州フットボール
巻がブレークしてる?
代表発表前の某局のアンケートで、実際にスタジアムに足を運んだファンから一番支持されたFW。まあその時点ではジーコの選考基準への反発のようなものが多分にあっただろうし、全体ではトップでなかった。しかし今回、実際に選出されたことで彼を取り巻く環境は激変しているようだ。一般的知名度が高くなかったはずの巻なのに、彼の名前をあまりサッカーに興味のない人から聞くほどに。日本のスターシステムはほんと恐ろしいや。背番号も11に決まり、ますますこの流れが加速する悪寒。

ジーコは会見で、巻のフィジカルとエリア内で仕事ができる点を評価していた。確かに体幹がしっかりしているからフィジカルの強さはあるし、日本では珍しくエリア内で体を張れる勇敢な選手。しかし彼の本質は典型的なストライカータイプではなく、メディアも取り上げている「ハート」や、エリア内での「スペース・メーキング」、「前線からの積極的な守備」にこそ特徴のある選手だと思っている。

ただ後の2つの特徴は、豊富な運動量を誇る千葉だからこそ発揮できるもの。エリア内で中盤からの飛び出しを生かすためのおとり役やつぶれ役になったり、後ろがマンマークで相手攻撃陣を捉まえた上でのチェイシングというように。そんな巻も今年に入って、少しゴールへの意識が変わったきた。だけど自分の中では未だに、オシムたんが叩き込んだであろう組織プレーができるFWというイメージの方が勝っている。

つまり周囲を生かしながら自分を生かすタイプの選手で、個人で打開できないという点では他のFWと似たり寄ったり。世界の大男たちが待ち構える中ではフィジカル面の長所は薄れてしまうし、巻のテクニックでは心もとない。ましてや運動量が少なく、ゴールへの意識が低いパサーが揃う中盤では、彼の特徴がどれほど発揮できるか疑問なのである。

ちょっと厳しいことを書いてみたが、それでも闘志を感じさせてくれる巻は応援している選手の一人だ。実は本人がいうような泥臭いゴールだけでなく、目を見張るようなファインゴールも多い。千葉は日本サッカー界の名門の一つだけど、現状は決して恵まているとはいえない。そんなクラブが、入団時には現場が匙をなげるほど下手だった巻を代表選手として送り出した。他のクラブの励みになるし、巻の成長を見守り続けたサポを思うと自分まで熱くなってしまうから。

巻は「考えて走れる」選手。決してタクティカルとは言えないジーコさん、代表でも巻をうまく走らせてくださいよと。

(´-`).。oO(出番は少ないだろうけど、クロアチア戦はとくに活躍して欲しいな...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-05-17 00:00 | 日本代表
179cm、74kg、28歳
笑顔!笑顔!またまたオシムたんの言葉に(*´Д`)ハァハァしてしまった。ほんとこのお爺ちゃんは、千葉だけでなく日本サッカー全体を気にかけてくれているや。
対照的にサッカーを文化として育てようとする意思のないメディアの報道の安っぽいこと。人間ドキュメントですらなく、出来の悪い人間ドラマを見ているようだった。
そんなメディアに期待するのもなんだけど、大会中にどっかのテレビ局がFIFAテクニカル・ディレクターのオシムたんを無理やり引っ張り出してくれないだろうか。本人はまずそんな仕事を受けないだろうけど(笑)

日本代表メンバー発表を受けてオシム監督(千葉)のコメント(J's GOAL)

ところで冒頭の数字は、日本代表の平均値。他の国は調べていないが、「小さくて、細くて、年寄り」の予感。
結局アテネ代表からは駒野だけで、彼も7月には26歳。今回の選手のほとんどは南アフリカには居ないだろうし、居るのは数人で十分。中田英から続く世代の層が厚いといえばそれまでだけど、ブラジルのように次から次に人材は出てくるわけでもない。
世代交代に失敗した某国のようになりませんように。

日本代表平均値
ポジション 身長(cm)体重(kg)キャップ数  年齢
  全体   178.6   74.2   45.3   28.0
  GK   182.7   79.3   47.0   31.3
  DF   178.8   73.0   45.6   28.0
  MF   176.7   73.7   55.7   27.4
  FW   178.5   73.8   25.5   26.8

[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-05-16 00:00 | Jリーグとか
ドイツ代表メンバー発表
2006FIFAワールドカップ ドイツ 日本代表メンバー(JFA)

巻がすべりこんだ。ほんの1年前には誰もが予想できなかった選出。もしかしたらWCで一番ヘタなFWかも(笑)、でもエリア内で体を張れる貴重な選手。ドイツに行くだけでなく試合に出て、決してあきらめないハートで世界を沸かして欲しい。
なぜかBBCは巻メイン!!!(笑) Maki included in Japan Cup squad

久保、そして松井ほかの若くて動ける選手が漏れたのは残念だけど、ある程度予想されていた通り。監督は選びたい選手を選んだだけで、周囲の声に惑わされるようなポピュリズムはごめんだ。これはこれでジーコらしい人選、あとは応援するのみ。

ところでブラジル・サッカーは究極のスタイルだと思っている。そしてジーコにはとくにその匂いが漂う。でも・・・、世界のどの国もブラジルのエッセンスを取り入れても、ブラジルと同じサッカーを目指しはしない。あれほど個人技に優れたアルゼンチンでさえ。

ジーコが目指しているものは理解できる。しかしテクニックで絶対的に優位に立てない日本が、ブラジル的なものを強調してよいものか。長期的なスパンでは、方向感そのものがずれていると思わないが、違和感が消え去ることはない。

何はともあれ、まずは目先のワールドカップ本番。そこで一つの回答が出るだろう。どこかのアンケートでは、ベスト16の予想が一番多かったらしい。「世界はそんなに甘くはないぞ」という自分の予想を覆して欲しいのだ。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-05-15 00:00 | 日本代表
♪すてぃ じぇら~ じぇら~
♪スティ ジェラ ジェラ~FAカップ・ファイナル
りばぽ 3-3(PK 3-1)ウエスト・ハム

さすがにこれまでかと敗戦を覚悟したロスタイム、
起死回生の同点ゴールがユルネバの歌声を一瞬でかき消す。

ジェラードだ!!!

アカデミー出身でりばぽ一筋のキャプテンは、
フットボールが闘いであることをこれでもかとピッチ上で体現し、
ただただゲームにのめり込ませてくれた!

勝っても負けても納得できるゲームに出会えた幸せと、
ほんの数時間ほど前に終わった試合との果てしなく大きなギャップ。

ユルネバとジェラードのチャントが心地よく頭の中を駆け巡る夜。
ハマーズの健闘にも心からの拍手、拍手!

♪Steve Gerrard Gerrard
  Can blast it from 40 yards
  He's big and He's fuckin hard
  Steve Gerrard Gerrard♪
[PR]
by heppoko_zephyr | 2006-05-14 00:00 | 欧州フットボール