<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
( ̄^ ̄)ふーむ。。。
おそらくはアジア・カップのテストを兼ねるであろう27名が、キリンカップに召集された。(JFA)

GK;川口、楢崎、川島
DF:中澤、中田浩、坪井、駒野、水本、青山
MF;中村俊、橋本、羽生、遠藤、中村憲、鈴木、阿部、今野、山岸、藤本、水野、本田、家長
FW;高原、播戸、巻、佐藤寿、矢野

【オシム監督コメント】
「選ばれた選手たちの名前そのものがメッセージである。Jリーグの試合ごとに調子が良かったり、悪かったりした選手ではなく、ある程度の長い期間良いプレーをしている選手を選んだ。なかには、チームの成績や調子が悪くて呼ばれていない選手や、逆にチームが好調なおかげで呼ばれた選手もいる」

今回、新たに中田浩が呼ばれて海外でプレーする選手は3名となった。重要な大会前に経験豊富な選手が加わるというやつで、それ自体はどこの国でも珍しいことではない。代表監督就任以来オシムたんは、代表の底上げとアジア・カップ対策を平行して進めてきたと思うが、これまでの試合内容を見る限りは理想とするチームとの乖離はまだまだ大きく、本当はもう少しじっくりチームの土台を築きたかったのかもしれない。大会が1年前倒しされたが、果たして無事に大会を迎えることができるだろうか。

これはとってもあたり前のことだけど、オシムたんは国内リーグや個別チームの事情について可能な限り配慮をする監督。それでも千葉だけは例外のようで、今回のショート・ブレイクも少なからず代表の犠牲になる。まあ志向するサッカーのコンセプトを勘案すれば、千葉の選手を呼びたくなるのはわからないでもないし、選手選考におけるメルクマール的存在なのだろう。しかし千葉の選手がトップ・フォームにあるかというと疑問で、リーグ戦で本来のパフォーマンスを発揮しているとは思えない。選手選考やチーム作りにも様々な考え方や方法論があるが、そういった点についてもう少し詳しくオシムたんのビジョンを聞いてみたい。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2007-05-28 00:00 | 日本代表
千葉 1-2 G大阪
心待ちにしていた鹿島スタジアムでの甲府生観戦がとある理由でただのドライブになってしまい、情けない気分で千葉vsG大阪をテレビ観戦。といってもこの両チームの試合はフェアでプレー時間も長くたいてい好勝負になるもので、今回も期待が裏切られることはなかったかなと。

現状を打破する必要のある千葉は工藤に代わってFWの新居が先発し、3-5-2でスタート。2トップに変更したことでサイドの守備の負担を懸念したが、状況に応じて3-6-1と使い分けながらまずは五分の立ち上がり。迫力あるG大阪の攻撃陣を千葉の激しいプレッシングが迎え撃つという激しい中盤の攻防が続く。
決定機の質という点でG大阪により可能性を感じていたが、千葉がG大阪の一瞬の隙をついてゴールを奪う。ボックス内で下村がボールを奪うと、羽生→巻→新居ときれいにつないて、お手本のようなファインゴールだった。
千葉は先制ゴールを奪ったことでペースダウンしたのか後方から攻め上がりは減少、しかし積極的な守備は衰えない。大きな展開を織り交ぜたダイナミックな攻撃も随所に見られ、下位に沈んでいるチームとは思えないサッカーを展開した千葉が前半をリードして終える(攻撃時に簡単にボールを失う場面は相変わらず多かったけどw、ミスへの対応はしっかりしていた)。

G大阪は、後半開始から投入された家長が効果的だった。遠藤が中盤の底に下がってゲームを作り始めたことで攻撃の起点が増え、前線にスペースが出来始める。家長や播戸らが千葉の守備陣の脅威となり始め、前半悩まされた千葉のサイドチェンジも橋本がSBに下がったことで上手くスペースを消していた。
千葉は、守備に下がることが多く疲れの見え始めていた新居に代えて工藤を投入。遠藤にプレッシャーをかけて主導権を握る意図だと想像したが、さほど効果的でなかったと感じた(このあたりはさすが遠藤だった)。後半22分のG大阪のゴールは、まるで前半のお返しのようだった。ボックス脇で明神がボールをかっさらい、ゴール右隅に流し込む。
千葉にもゲームを決定づける惜しいシーンがいくつかあったが、後方の選手の足が止まったのか、前線と最終ラインが間延びしてしまい連続攻撃にならない。G大阪の選手がスペースの出来た千葉陣を走り回り、その対応に追われる時間帯が続く。それでもなんとか持ちこたえていた千葉だったが、地力に勝るG大阪が終了間際の遠藤のFKで勝利を掴み取ったゲームだった。

自分が見た千葉の中ではFC東京戦は論外として、サッカーの方向性は感じられるし、評論家各氏がいうように悪いサッカーはしていない。ただ怪我人の問題はあるにせよ、失点シーンが脆すぎてこれでは絶対に試合に勝てない。
それと、残念ながらJリーグは外国人選手の決定力に大きく依存するリーグで、日本人のストライカーもその恩恵を受けていることが多い。日本がアジアレベルに留まっている最大の要因だと思うし、安易に外国人に頼って欲しくないのだが、千葉には水を運べる選手はいても、エキストラ・キッカーがいない。とくにアマル監督が理想とするサッカーとチーム編成の乖離を感じる点で、もしマグノのような選手が1人でも千葉にいたら、ここまで悪い状況に追い込まれていないと思うのだけど…。
[PR]
by heppoko_zephyr | 2007-05-26 00:00 | Jリーグとか
ミラン 2-1 りばぽ(CLファイナル)
先制ゴールの重要性を奪われることをより恐れたのだろう、両チームとも序盤からリスクを抑えた攻撃。ある意味とてもファイナルらしいゲームだったかなと。

2年前のイスタンブールとは違い、先に流れに乗ったのはりばぽ。予想されていた4-4-1-1がまずまず機能、ジェラードの存在がピルロの負担になったのか、ミランの攻撃が冴えない。中盤のせめぎ合いから何度か決定機を迎えるが、りばぽも後方からのフォローが薄いこともあり、ミランのゴールをこじ開けるまでには至らない。
そうこうしているうちに試合巧者ミランを相手にして、最悪の時間帯にゴールを許す展開に。この時点で敗戦を覚悟したが、後半になると明らかにミランに流れが傾く。前半同様のシステムでスタートしていたりばぽは、変化を求めて59分にQL、78分にクラウチを投入。しかしインパクトを与えるまでには至らず、依然としてミランがゲームをコントロール。そして82分には、決定的な2点目を許してしまった。
りばぽも終了間際にカイトのゴールで追いすがるが、ミランがイスタンブールの奇跡の再現を許すはずもなくタイムアップ。結果的には流れの来ている時間帯にゴールを奪えなかったことが悔やまれるというありがちな敗戦で、決定力の面でクオリティが問われることになってしまった。

戦前からレフェリーとの相性が話題になっていた。確かに少しナーバス過ぎて、プレミア基準とはかなり異なる。バルサ戦同様違和感はあったが、決して問題になるほどではなく、必要のないファールからリズムを失い、ゴールを許す羽目に。
それよりもモチベーションの差が、試合内容に現れていたように感じた。ミランもまた特別なパワーを持った伝統あるクラブで、りばぽ的には苦杯をなめ続けているマンUがよかったのかもしれないw それとあえていうならば、ボールの走らないピッチがりばぽらしさを消していたかも。

最後に、りばぽファンのこと。おそらく今回も多くの人たちが、経済的に無理をしてアテネに駆けつけたに違いない。ロイヤリティに溢れたサポーターが醸し出す雰囲気は最高で、とくに試合終了後に選手たちを鼓舞する姿は感動的だった。負けて聞くゆるねばも…。

AC Milan 2-1 Liverpool(BBC)
BBC pundits on Athens final(BBC)
Liverpool caught short by lack of class(BBC)

(´-`).。oO(ファウラーの夢かなわず...FOWLER: MY DREAM EXIT(Mirror)

#メモ
 ▼欧州マネー事情・・・欧州屈指の人気を誇るプレミアリーグの来季以降3年間の放送権収入は、国内、インターネットに国外208カ国への売却分も含めると総額27億ポンド(約6440億円)に達する。各クラブへの分配金はリーグ1位に5000万ポンド(約119億円)。最下位にも2700万ポンド(約64億円)が支払われ、これにスポンサー収入や入場料収入を加えると総収入は約5000万ポンドに達する見込み。これはW杯ドイツ大会優勝賞金2450万スイスフラン(約24億円)やバルセロナが昨季欧州CL制覇で稼いだ4900万スイスフラン(約48億円)を上回る。各クラブ独自の放送権契約が可能なスペインでは昨秋Rマドリードが7年総額11億ユーロ(約1793億円)で契約を結んだ。

(スポニチ)

[PR]
by heppoko_zephyr | 2007-05-24 00:00 | liverpoolやプレミアとか
CLファイナルに期待!
典型的なフィニッシャー・タイプのCFで、数々の驚愕ゴールを叩き込みKOPから"God"の愛称で親しまれてきたファウラー。歴代4位となるプレミア通算162ゴールと、わずか4分33秒でハットトリックを達成してしまうほどの才能の持ち主は、怪我によるパフォーマンス低下(98WCもふいにした)と前監督との確執?からリーズへ移籍してしまう。

でも昨シーズン半ば、5シーズンぶりにりばぽにカムバック!コ○インパフォーマンスの他にも"The Spice Boys"の一員として数々の武勇伝(というか関西の言葉でアホなこと)を残してきた彼は、りばぽファンにとってまさに"Lad”というべき存在。りばぽ公式の100 player でも4番目にランクインする神は、当然のように暖かく迎えられた。

そのファウラーの Anfiled でのラスト・アピアランス。誰もがゴールで有終を願っていたのに、スタンディングオベーションを浴びさせたいというラファの粋な計らいが裏目に出て、直後に得たPKを蹴られずベンチで天を仰ぐ。

りばぽ最後の試合はCLファイナル。PK戦のゴールでもなんでもいい。いや、できればカップトレブルを達成した00/01シーズンの、あのUEFAカップ決勝のエクストラ・タイムのような勝ち越しゴールを決めて、イスタンブールの時のようにスタンドから見守るだけでなく、ピッチでビッグイヤーを高々と掲げて欲しいのだ。

Fowler to leave Anfield in summer(BBC)
Anfiled 最終戦後のインタビュー(BBC)
Liverpool 2-2 Charlton(BBC)

(´-`).。oO(ほんとにそんなことになったら絶対に目からへんな汁が出る...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2007-05-14 00:00 | liverpoolやプレミアとか
F東京4-1千葉とか
さすが千葉のことを熱く解説していた原さんだけあって、千葉対策は万全だったようだ。だけどゲームを壊してしまったのは千葉。苦しみながらも前半を最小失点で折り返したのに、ありえない失点を重ねる。もし外国だったら試合に出てはいけない選手がいたとまで酷評されるようなプレーで、まさに自滅。

F東京は中盤のサイドに大きなスペースを空けてしまうという分かりやすい弱点があったが、この試合ではまずまず修正されていた。前半半ばくらいからF東京のプレスがうまく機能したこともあったが、千葉はとくに最終ラインのボール回しが不安定。かといってロングボールの精度も低い。相手プレッシャーに弱く、ビルドアップ能力が低いという日本人DFの弱点が、格好の標的となっていた。

ボールを動かせるストヤノフ、ジェルジェヴィッチ、昨シーズン後半はよくDFラインに入っていた阿部が不在ではどうしても駒不足の感は否めず、そういう点でも理想とするサッカーとのギャップが顕著に現れたゲームだったかなと。

それで代表のトレーニングキャンプ メンバーに新しく呼ばれたメンバー。
実際に間近で選手を見たいということだと思うが、うひょー!小宮山までって感じ。柏はよく見るほうなので近藤のことはひょっとして?なんて思っていたけれど、小宮山はファンサカで人気になっていたから気にかけていた程度で、2試合くらいしか見ていないw。黒津はサイドもやってるし、面白いかも。杉本はデビューの時に一言だけ書いたけど、好きなタイプ。フェルフォーセン監督の元で、スピードだけの選手じゃなくなってきたと思う…。

トレーニングキャンプ メンバー(JFA)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2007-05-13 00:00 | Jリーグとか
All the best VLAD!
UEFA.com のチャットルームにスミチェルが来ていたので、途中からだけどメモに残しておく。

Lee LFC 5 times: Vladi i for one would like to thankyou on behalf of every Liverpool fan for everything you did at your time at our club.

Vladimir Smicer: It is hard to say which is my best but the most important has to be that one in Istanbul! I can still imagine it every day! It gave me the chance to touch that famous trophy and to bring such happiness to Liverpool fans. My volley v Chelsea was quite good too. Heskey crossed it and I got the winner in the last minute! I never lost against Chelsea - they were my lucky team!

clarkey11: What is the secret to Rafa's success in Europe?

Vladimir Smicer: Rafa's record in Europe is amazing. It's his destiny to win the big cups. He prepares teams very well in the Champions League and we all knew exactlly what we had to do. There were no surprises. Against Juve in the semi he told us the plan in detail and we carried it out, as he asked. The same v Chelsea.He is still learning Premiership football and he will do better with each year in England too.

Paddy's mate: Vladi, what was it like scoring such a crucial goal and penalty in your last game, the European Cup Final?

Vladimir Smicer: Scoring the penalty was the biggest test of my whole career. It's easy to say no when you are asked by the manager but I wanted to prove my worth. I was 32 and wanted to show I wasn't afraid to take the responsibiity. I told Rafa I'd love to take one. I sent Dida the wrong way. I told Milan Baros I'd put it right, but Dida kept going left! Milan told me to stick with it and Dida went left again!

Vladimir Smicer: It was such an imoprtant goal for me. If I'd missed, my last game in a Liverpool shirt might have ended differently. The pressure was big. I felt so proud to score. It was easily the best day of my life.

tariku: What is your goal for the end of your career?

Vladimir Smicer: Last February I had a muscle injury in my hamstring and it cost me the World Cup and some of this year too. I'm playing again now so my target is to play at least one more year and take some pleasure from these last few months. I just want to enjoy the last year of my career. Most of my ambitions have been fulfilled so now I want to have fun and relax - but also to win!

Frank's Wild Years: When scoring 'that' goal in Istanbul (thank you!), did it feel like the ultimate vindication for what was often a very stop/start spell at Liverpool? And other than that, what was your favourite moment for Liverpool?

Vladimir Smicer: My other favourite moments for Liverpool came in 2001 when we won 5 trophies. I played the full season and it was the year I played my best football for Liverpool that season. Just signing for Liverpool in itself was a dream because I supported them as a kid. It was a dream come true. The year 2001 was my other highlight for sure but nothing will compare to that win in 2005!

Vladimir Smicer: I will also remember the pride I felt playing for Liverpool. The fans sometimes did not like the way I played but I accepted it and still loved every minute of it.

BeN: Hi Vladimir. At Liverpool you played with your fellow Czechs Patrick Berger and Milan Baros. What do you think of them, and what do you think of the Czech Rep team currently?

Vladimir Smicer: Milan was on top form in 2004, it was a pity he left Liverpool for Villa, but he's in Lyon now starting again. I think he can recover his best form soon, I hope so. With Patrik Berger - he is still the most talented Czech player of his generation. His left foot is magic. He scored some lovely goals for the Reds. His injuries have destroyed his career more than most. He's been so unlucky. Liverpool fans love him.

Vladimir Smicer: As for the Czech team, right now we are transition. We're missing a lot of great players but we still have some brilliant ones like ech and Rosicky. We need more depth if they are missing.

hels: Hello Vladi its Helen from Liverpool. I hope all is well and you're enjoying life in France. It was lovely to see you back at Anfield for the Bordeaux game and meet you afterwards - lots of love Helen. How does it feel to be classed as a Liverpool Legend?

Vladimir Smicer: Hi Helen! I am not sure I am a legend! It is kind of you to say. I am just happy to have been a Liverpool player. I had six great years and if the fans think I did a good job I feel proud. True Liverpool legends are Gerrard and Carraghers. They are unbelievable!

Zlatan: Hi Vladimir, a few words for Liverpool's awesome fans? Do you think they will be key to success in Athens?

dave: Hello Vlad. i was in Istanbul and had the best week of my life. Just a quick note to say thankyou for your goal and pen. You are a legend and hope to see you in athens cheering the reds

Vladimir Smicer: Liverpool fans are always awesome. They are the key. At 3-0 down they were amazing in Istanbul. They lifted us so much. You know that Liverpool fans will be with them. The players know you are obligated to give the fans success because they crave it so much. They will make a lot of noise in Athens for sure! It's the final and they will make it one to remember. Reds fans deserve it.

fatbury: Hi - Julien Faubert is a player I admire at Bordeaux and I think he would do a good job at a Premiership club? Do you agree?

mikeyboy: vladimir, if your not doing anything on the 23rd your welcome to come to our party in Athens

Vladimir Smicer: Julien Faubert asks me about the Premiership a lot and I think it is his dream. His style of play will help him there. He is strong, fast and has total commitment. He will suit the English game and I think he wants to go there one day. I hope he gets a chance.

dissy8: How disappointed were you not to get the chance to play at Anfield for Bordeaux? You would have got a great reception.

Vladimir Smicer: I was so gutted not to play at Anfield that night. I never had a chance to say goodbye to the Reds fans after Istanbul. I was so disappointed. I wish Rafa had played me against Aston Villa in the last Premiership game before Istanbul. After six years I would have loved to have said bye to the Anfield fans. When I was not in the squad I was so sad. The Bordeaux match was my chance to get a reception .

Vladimir Smicer: But the injuries killed me and it was impossible to play. Maybe one day I will play a friendly or something at Anfield. I hope so!

Dingus: A lot of ex-Liverpool players travelled to Istanbul - will you be travelling/watching the game?

Vladimir Smicer: I'd love to be in Athens but we have a game that weekend so we might have training the next day. If we are guaranteed second place already I will ask the coach if I can go to Athens but if we still have something to play for, I will have to miss out. Next year I will go to the final when Liverpool are in it again!

BURNA: Vladimir, just want to say thanks for your part in the greatest Reds match so far, i watched it again the other day. WEL DONE MATE!!

RedMike-86-: I echo that, many thanks for the years you dedicated to Liverpool FC Vlad - You'll Never Walk Alone!

Finnish Red: Vlad, best regards from Finland and just wanted to thank you for all those years at Anfield. Always in our hearts!

niz: Hi, Vladimir, you have been a part of the Czech national team at the major championships, and have come very close to winning the European Championship in particular on two occasions. How would you sum up your international career? Any regrets?

Vladimir Smicer: I think I did well for the national team. It all started in 1993, I played in three EUROs, had 81 caps and 27 goals, so I think I did well for my country. My only regret was not playing in the World Cup finals with the Czech Republic team. Aside from that I have no regrets and I enjoyed it a lot.

Czech-Mate: Hi Vladi, thanks for making us reds happy, especially in Istanbul!

LeighC: Hi Vladimir, What do you think about the new American owners at Liverpool football club and do you think its good news for the club as a whole.

Vladimir Smicer: Honestly I don't know if Liverpool's new owners are a good thing. I hope so! If they are bringing more money it will be good. I knew the former owner and he was a special man. He was quiet but a real fan. I hope the new owners will follow the team with as much support as David Moores.

Numbers: With your experience in Istanbul in mind, are AC Milan better or weaker than 2005? Tactially how do you see us beating them? And most importantly, should we give them a four- or five-goal lead this time?

Vladimir Smicer: It's best not to give Milan a four or five goal lead this time! It was a miracle before, and something that might not be repeated ever. How we won that game still amazes me. I hope Liverpool lead this time. I think both teams are similar to 2005. Up front Milan aren't scoring goals. Liverpool have to stop Kaka and Gattuso. Benitez will get it right again. Come on the Reds!

Reddave7: Vladi mate you're a legend at this great club. Thanks for your goal and penalty in Istanbul. It was a shame you couldn't play against Liverpool for Bordeaux earlier this season because the Kop could have really thanked you. Good luck with the rest of your career.

Vladimir Smicer: Thanks everyone, I really enjoyed it. Good luck Liverpool in Athens. See you soon!

Liverpool: bye

ligi: smicer, you ar the best

scousertommy: Good luck with the rest of your career mate.

mikeyboy: see ya vladi, good luck

Buddha Bubba: Bye Vlad, we love you

rushyman: bye mate and thanks

wolvega B1: laters

RedMike-86-: best of luck, Vlad. You'll Never Walk Alone.

kitster: Thanks Vladi - Good Luck for the Future

Jnp: Cheers Vlad

Moderator: Thanks everyone for your questions. Look out for more Talk Football Expert Chat around the UEFA Champions League final.

CalvinAnfieldIron: top man Vlad , You'll Never Walk ALone

Squeak: Thanks for your time

redman1977: thanks for the memories Vlad

kopite: all the best... vladi


Vlad The Lad in Bordeaux
http://www.youtube.com/watch?v=a6-ILrWyAsA
[PR]
by heppoko_zephyr | 2007-05-08 00:00 | liverpoolやプレミアとか
メモ
ドイツサッカー協会は日本をどう分析したか。(Number)

「3バックの左右の2人(中澤と坪井)がサイドをカバーしないため、サイドバックの三都主と加地は長い距離を走らなければいけなかった」
「守備のときポジショニングはいいのに、受身過ぎる」
「2トップはほとんどポジションチェンジせず、トップ下の中村は水平にしか動かなかった」

日本サッカー協会もW杯の分析本を出したが、「(オーストラリア戦は)悲劇としか言いようのない負け方」「ブラジルが高いレベルで戦ったとき、太刀打ちできなかった」といった情緒的な分析になっており、それに対してドイツの本は具体的な戦術の改善点が書かれている。どちらが優秀かは言うまでもないだろう。

(中略)

本書のハイライトは、ドイツW杯で見られた新たなトレンドだ。「ゲームメイク力のある選手をサイドに置く」「ゆっくりとした安全なパスから、急にテンポアップして攻める」。今後の日本代表にも大いに参考になる知識だろう。オシム監督はダイレクトパスをつなぐサッカーを目指しているが、それだけだと今回の分析によれば「単調」ということになる。

CBとWBの関係は元々そういうシステムだったので一概に改善点といえないが、DFラインに弱点があったことは事実だし、ブロック構築優先でボールを奪う意欲の低い守備やトップ下の機能については、世界の流れとのギャップを指摘されているように感じる。
ただ後半部分の新しいトレンドについては賛同しかねる。サイドや中盤の底、ときには最終ラインといった少しでもプレッシャーの緩い位置からゲームメイクすることはクラブレベルでは珍しいことではないし、テンポアップについてもいわゆるショートカウンター対策が進んだためゴールに結びつくことが少なかっただけで、ダイレクトパスを中心とした戦い方と矛盾するものでもない。だいたいオシムたんの千葉は、時にはじれったくなるほど最終ラインでパスを回しながら相手の隙をうかがっていたし。原文を読んでみたいのだ…。

(´-`).。oO(千葉ダービー最高に面白かった...クラシコといえる内容では...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2007-05-06 00:00 | 日本代表
りばぽ 1-0(1-1、PK4-1) チェルシー
長距離運転の疲れと淋しくなった財布にため息をつきながら、久しぶりにサッカー三昧の1日。遅ればせながら簡単にCLの感想。

4強といわれるプレミアだけど、りばぽはここ数年まともに優勝争いに参加することさえ出来ていない。りばぽが不甲斐ないこともあるが、もう嫌になるくらいマンUとチェルシーが抜けていて、ブックメーカーの予想も圧倒的にチェルシー乗りだった。
それでもこの試合に限っては不思議と負ける気がしなかった。たしかに友人に対する多少の虚栄心があったことは否定できないが(笑)、なんといっても Anfiled なので感動的なゆるねばを聴けることを確信していたのだ。
ネット上に"WE RE NOT ENGLISH ARE SOUSE"という弾幕画像が落ちていた("JOSE THE SPECIAL1 MY ARSE"なんて下品なのもあったw)。りばぽというクラブは節目節目で、奇跡的で、エモーショナルなゲームをやってのけてきた歴史があるが、スカウサー気質が発揮されたゲームだったのかもしれない。

内容的にはほぼ完勝だったと思う。早い時間帯で追いつき、試合の主導権を握って勝ち越しゴールを狙う。チェルシーはどこかで1ゴールを奪えばそれで試合は終わってしまうわけで、それはそれで彼らのゲームプラン通りだったのかもしれないが、より勝利に値していたのはりばぽだったというのが英国各紙の見方。試合内容や決定機の質を振り返ってもその通りだったかなと。
自分的には、バラックとシェフチェンコのいないチェルシーの方が正直嫌だった。でも、プレミアにフィットしていないと言われ続けているとはいえ、これまで主力選手として戦ってきた2人がここにきて一挙に抜けたのは、コンビネーションの面でハンディとなったのかもしれない。アウェーということもあったがチェルシーはやはりドログバへ中心のアタックで、何度か危ないシーンはあったが、試合全般を通してはほぼ完璧にドログバを押さえ込んだりばぽのゲームだったと感じた。

それで決勝は2年前の再戦。ユニフォームもミランが白を選択したので赤に決定!ミランがここまで上がってきたのは驚きだけど、それはりばぽも同じかw
マンUはミランの試合運びの巧みさにやられたようで、ファギーとマンUは罠にはまった印象を受けたのだった。

Liverpool 1-0 Chelsea (Agg: 1-1)(BBC)
Kuyt fires Reds to Athens(Sky Sports)

CL出場権を逃し続けてからの転落が止まらない。チェルシーとの差に絶句…(´;ω;`)
Relegated Leeds in administration(BBC) 
Fans group plots to buy Leeds Utd(BBC)

ようつべがピンチ!
YouTube facing football lawsuit(BBC)

(´-`).。oO(ミランのモチベーション高そう...5人目はファウラーだったのかな...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2007-05-06 00:00 | liverpoolやプレミアとか
ひどいレフェリングとか
先週末は移動やらなんやらで全くサッカーを見ていない。それでダイジェスト番組やネットで試合の様子を追いかけていたのだけど、レフェリーが次から次へとやらかしたようで(笑)
それにしてもレフェリーには大変な時代で、怪しい判定はネット上ですぐさま動画や画像となって検証されていた。とくに先週はゴールに絡むクルーシャルなのが4つもあって、その内2つは某外国リーグなら数週間の指名停止がありうるほどの酷さ。ネット上で議論が沸騰していたのもうなづける。

それでも今シーズンのレフェリングから、なるべくゲームを流そうとする傾向がうかがえることは歓迎(一部にどうしようもなく凝り固まっている人もいるようだけどw)。ただ、それでもファール数は去年と比べて減少していないし、既にそういう流れを利用しようとするプレーも増えてきているようだ。
酷いものだと3試合の出場停止を喰らったJ2の選手がいたが、ああいうプレーが続くとプレミアでは警察の事情聴取に発展する。他にも思うようにプレーできない上位チームのFWが、ボールのないところで背後から相手DFの足をかっぱらっている動画が流れていたが、もし大怪我していたら同様の問題が取り沙汰される可能性がある。

日本はディシプリンの感じられない汚いプレーについて穏便に済まそうとしているのか、マスメディアの中継は批判することなく流してしまうし、めったなことでは後で検証もしない。個人的に欧州各国の人に聞いた話だけれど、一時的には晒し者になるかもしれないが、レフェリングの問題も含めて、フットボールそのものを守ることの方が大切じゃないのかな。

(´-`).。oO(ACLを見ていると感覚が麻痺しそうになる...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2007-05-01 00:00 | Jリーグとか