<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
はい、面白くないです。
マージーサイド・ダービーに無事勝利。これで残り6試合で勝ち点の差は5に広がり、これでプレミア4位以内確保というシーズン当初の意気込みとはあまりにかけ離れた目標に一歩前進w。でもまだアウェーが4試合残っていたり、残留争いに絡んでいるクラブとの対戦とか最後まで息は抜けないのだ。

それで…いくらこっそり更新していてもネットではあまりネガティヴなことを書かないのがおいらのポリシー。でも下記の問いかけには、昨日は後半から別の試合にチャンネルを変えたのであくまで一般論としてだけど、ほぼ同意しておく。

クゼ監督の試合後のコメント(一部省略)
「このあと、マッチコミッショナーと話をしたいと思う。今日の審判についてではなく、今後の日本サッカー界のことについて話をしたい。
 日本のサッカーは世界と比べて、本当にファウルのない、きれいなサッカーというイメージがある中、イエローカード、レッドカードを出しすぎていると思う。ドイツでもほかの国でもいろいろな国で指揮をとってきたが、日本ほどきれいなサッカーをする国はないにも関わらず、イエローカード、レッドカードが出しすぎているように感じる。Jリーグ全体の目標として、イレブンミリオンというのを掲げている中、どうやってイレブンミリオンを達成できるか、どういった形でファンを呼ぼうかと考えているのに、審判のせいで、こういった形で壊されてしまうのは、日本サッカーの未来が明るくないと感じてしまう。前回の試合も後半は10人で戦ったし、今回の試合も60分近くを10人で戦った。こういた試合をファンが見て楽しいか。ファウルでもないのに、ファウルを出されたり、イエローカードでもないのにイエローカードを出されたり、雨が降ってすべるということを前提に考えたら、あれはファウルではないと私は思っている。審判が好き放題にイエローカードを出すような試合は見ていても楽しくない。日本にとってよくないことだと思う。
(千葉公式)

おいらがお金を払ってスタジアムに行かずテレビ観戦になった一番の理由が、まさに日本のレフェリング。すぐに試合が止まってしまいゲームがスムースに流れないので、何か違うスポーツを見ている気分になる。選手はレフェリーの笛とカードに脅えながらプレーし、また逆にそんなレフェリングを当然のように利用するサッカーではげんなりしてしまう(欧州にもそういうサッカーをしている国はあるが、強国であっても“cheating”と陰口をたたかれるだけでリスペクトの対象にはならないもの)。
そして日本のナーバスである意味独特なレフェリングは、各クラブの戦術選択肢を狭め、大げさにいえば日本サッカーのスタイルや方向性までに影響を与えているとも感じている。

これまで多くの外国人監督が日本サッカー界に様々な提言をし、レフェリングについても今回と似たようなニュアンスの発言を続けてきたのになあ…。

(´-`).。oO( referee と judge と umpire...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-03-31 00:00 | フットボールあれこれ
またまたまとめて
入院させたのにPCがかえって不安定になってしまった。業者との戦いに明け暮れている間にいろんなことがあったようで...。

まずはりばぽのナショナル・ダービー。ここ数年勝てなくてもゲーム内容はそれなりに優勢だったとか気休めを言えたんだけど、この試合だけは何から何まで本当に無残で何も語りたくない…。マージーサイド・ダービーだけは頼みますよっと。

A代表は…ああいうサッカーで負けてしまうとショック倍増。まあ前半だけで力尽きて最後まで見ていないんだけどw。
監督が選考し、実際に起用する選手のタイプや組み合わせと、実際のゲームプランは一致していたのだろうか。岡ちゃんが試合後のコメントで多くを語らなかったこともあり、よく分からない部分だ。アウェーなのでああいうサッカーもありだけど、日本の強みである中盤の構成力でも遅れをとっていたように感じた。昨年のオフからそこそこ集中的に合宿の機会があったのだから、そろそろ形になって良いころなのに。おいらの目には未だ迷っているように映った。

U-23は親善試合ということを考慮しても、反町さんが監督に就任してからベストの内容だったかも(相手の選手がよく分からないので多少は割り引くべきかもしれない)。走るということはただ運動量のことではなく、チームとして走れていれば自然とコレクティブな印象のサッカーになってくる。そういうことがよく分かる試合だった。

それで今回はゲームの重みがまったく違ったが、日本人監督2人のゲーム内容に大きな差が出てしまった。監督である以上は当然目先の勝負に拘る必要があるわけで、それで評価されてしまう。でも日本のような中堅国であれば、少しくらいは5年後、10年後。いやもっと将来につながるサッカーかどうかという視点があってもよいと思うんだけどな。

11.6%に7.4%か…。

(´-`).。oO(香川にもっと経験を...なんとかファンサカの編成に間に合った...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-03-29 00:00 | フットボールあれこれ
スカッとした
昨日のACLは、ある意味とてもG大阪らしいゲームだったと思う。

2シーズン前、攻撃的で楽しいサッカーを展開しながらも、リスクマネジメントを優先する浦和に優勝をさらわれたからだろうか。G大阪も昨年あたりからポゼッションを重視した分厚いパスサッカーから、守備を意識したサッカーに軸足を移しつつあるように感じていた。ただ攻撃的だったチームが自らの特徴を封印した結果はというと、昨季は開幕前の前評判を裏切る3位に沈んだ。

それでこのゲーム、このグループ最大のライバルと目される相手に早々に2点をリードされ、開き直ったのだろう。G大阪らしい小気味よいテンポのパス回しにバレーの縦へのスピードと前線をかき回す播戸が絶妙のアクセントになり、楽しかった頃のサッカーが戻ってきた(まあ似たようなシチュエーションが磐田戦でもあったがあまりに決定機を逃し続けたw)。これで遠藤とルーカスの関係がもう少し整理されて、攻守のバランスがとれてくればと期待してしまう。

どういうサッカーがよいが結論の出るものでもない。攻守のバランスが崩れたサッカーは無残だし、守備を重視する戦術も否定はしない。ただG大阪のチームカラーというかスタイル、そして現有戦力の特徴を生かそうとすると、こんなサッカーも悪くないし、むしろ向いているのではないのかなと。シーズン終了時に成績が落ちるのは、相手があることだから味仕方ない面がある。でもサッカーの内容で物足りなさを感じるのは…。

(´-`).。oO(PC初期不良で入院の悪寒...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-03-20 00:00 | Jリーグとか
レフェリーのこと
いきなり佐川滋賀とHONDAの2大門番がこけちゃった今季のJFL。栃木は好スタートをきったが、J2昇格争いの一角を占めるであろう富山は引き分けスタート。ちょっとした番狂わせを演じたのは、いずれも今季からJFLに参加したびわこに準加盟が承認されたばかりの岡山と北九州。鳥取も白星スタートで、白熱のJ2昇格争いを期待。

今年は開幕前から何かとレフェリーが話題になっているようだ。おいらがこれまでに聞いた外国人(国籍がバラバラな欧州の人たち)の日本のレフェリングに対するイメージはこんな感じ。

レフェリーは…「概ね正確、でもゲームの流れに即応した笛が吹けない」、「常にポケットからカードを半分見せつけながらレフェリングしている」、「(所謂ボックス内のダイブだけではなく)あからさまにファールをもらうプレーに甘い」、「彼らはマニュアル好きなのだろう」、「帳尻あわせはフェアではない」、「微妙な判定のリプレーを流さないのはなぜ?」など。
一方で選手には…「レフェリーを信頼していない」、「簡単にファールする」、「ファールを犯した自覚があるのに執拗に抗議する」、「レフェリーを欺くプレーが多い」、「つまらないファールでカードをもらうことを恥だと感じていない」など。
そして日本のサポーターは…「こすいプレーやレフェリーのおかしな判断に対して寛容(反応がおとなしい)」と。

例えば、試合が荒れそうになると、それまで流していた軽微なファールに笛を吹く。そんなことを2回も繰り返せば、J以前の日本でも、選手は「試合をコントロールしようとしているんだな」とレフェリーの笛に反応したものだった。ところが世知辛くなったもので、今だと「さっきのファールにはカードが出なかったのに、どうして今度はカードなんだ?」というような反応になってしまう(そんな解説も良く聞く)。
何が言いたいかというと、レフェリーが試合がコントロールできる余地はかなり狭まっていて、自分は日本はレフェリーも選手もどっちもどっちだと思っている。でもまず選手(とサポーター)の“discipline"に対する考え方が変わらないと、この問題は根本的に解決できそうにないと思うんだよなぁ。

(´-`).。oO(熊本おめ...浦和くらいのクラブだとあのやり方もありかな...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-03-17 00:00 | フットボールあれこれ
1週間遅れで順位予想らしきもの
これまでの用途だけでは明らかにオーバースペックなPCを活用しようと、キャプチャボードを取り付けてみた。デジタル移行で数年後にはまた買い替えだろうと、今回はチープなものを購入したら… ヽ(`Д´)ノ

今季のオフは移籍マーケットが活発で、順位予想が難しい。例えば千葉は、日本独自の移籍システムの関係もあるが、なんと営業収入の3分の1程度の移籍金が動いている。日本も移籍市場のウェイトが高まってきたが、有力選手が資金力のあるクラブへ移籍する一方、下位のクラブには出場機会を求める金銭的負担の小さい選手が集まる。ただそれは選手の名前、つまりマネーゲームである程度の力関係が決まってしまう側面があるし、有力選手がベンチに座るリーグにはなって欲しくはない。
ビッグクラブはサポーターが満足する成績を残しつつ、どう選手の新陳代謝を進めていくか。一方で中小クラブはいかに独自性を発揮し、存在意義を具体化していくか。日本のクラブも本格的に困難な命題に立ち向かう時期に入ってきたと思う。

○ 優勝争い…浦和、川崎、鹿島、G大阪
4つのクラブが少し抜けていると思うが、決めてがなくほぼ一線。ただACLのGLの負担がなくなった浦和、川崎が中心か。浦和はCWCミラン戦での敗戦を受けてサッカーが変わるかと思っていたが、開幕戦はもっと根本的なところで問題があるような…。川崎の外国人FWは魅力だけど、どういう布陣でどうバランスさせるのだろう。まだ東京V戦しか見ていないが、7人で守って3人で攻めるというようなサッカーで、攻守とも連動性の面で影響が見受けられた。これが長引くようだと少し不安。鹿島が一番安定していると思うが、今の選手層でACLと二兎を追うのは少し辛いかも。G大阪はマグノの穴は簡単に埋まらないと思うので、今年は控えめにw。

○ 賞金圏争い・・・横浜M、名古屋、清水、柏、神戸、磐田、大宮、F東京、新潟
飛びぬけた優勝候補がいないが、このグループと上との差が縮まったかというと微妙なところ。外国人選手、とくに攻撃的なポジションの選手の出来や稼働率で順位が大きく入れ替わりそうで、チームの完成度次第では次のグループに吸収されるクラブも出てくるだろう。開幕戦を見た限りでは、名古屋、大宮、F東京に大きな変化を感じた。それぞれ形は異なっていても、攻撃的で面白いサッカーという方向性に好感。躓くことなく、この路線を継続していって欲しいなと。

○ 残留争い…京都、大分、千葉、東京V、札幌
なんとなく横一線のイメージで、団子状態のまま終盤にもつれ込みそうな予感。この中では比較的戦力補強がうまくいった京都を上位にしてみたが、関西のクラブへの期待込みw。大分は主力の移籍による打撃は最小限だったが、選手層が薄くなってしまった。でもこういうクラブから新しいタレントが出てくることも楽しみの一つで、シャムスカの手腕とともに期待。千葉はちばぎんカップと開幕戦を見る限り守備はしっかりしていて、去年の柏のような躍進も。ただ現状は、攻守をバランスさせつつゴールを積み重ねる形がまだ見えていない。東京Vはフッキが抜けたものの意外にまとまっていて、狙いが明確なサッカーをしていた。札幌がんばれ!とにかくホームでがんばれっ!

(´-`).。oO(NACK5がいい雰囲気...小瀬でブーイング...ファンサカ1週遅れでスタート...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-03-15 00:00 | Jリーグとか
りばぽとCLのこととか
約4年半、毎日のように連れて歩いたPCの調子が悪くなった。修理に出すとかなりへたっているらしく、新機種も購入可能な見積もり額。涙を呑んで引退していただくことに。水曜日に約3週間ぶりに触れた新PCは、デスクトップでそれなりのスペック。でも宝の持ち腐れになりそうなんだよな…。ということで久しぶりの更新w

しばらくネットの徘徊頻度が落ちていたら、またりばぽの買収が話題になっていたようだ。今のところもとさやみたいだけど、アメリカ人オーナーもいまいちだしなぁ…。
それでようやくプレミアでも成績が上がってきたなと思っていたら(キーガンとオーウェンの表情が印象的だった...)、なんとサン・シーロでもセリエのチャンピオン、インテルを撃破!なんともラファらしいゲーム内容で、こういうサッカーやるとほんと強いよなぁ…。インテルにまたもや退場者が出てしまって消化不良気味なので、来年もう一度決勝とかでやりたいなっとw

それでベスト8の組み合わせ。UEFAカップはプレミア勢が一挙に敗退したが、こちらは4クラブが勝ち残り(ちなみに4クラブともFAカップは敗退し、ベスト4に下部リーグが3つも残っているw)。それにしてもリーガとセリエのチャンピオンがベスト8にいないのは淋しい限り。

1.アーセナル vs ○りばぽ
りばぽは決勝まで勝ち進んでもアウェー扱い。こういう年のりばぽはどっかでこけちゃうんだけど、監督がラファに変わってからリーグ戦ではあまり勝てていないだけにプレミア対決では負けたくないなぁ。例によってりばぽ絡みの予想はモラル的なものw

2.○ローマ vs マンU
ローマに汚名返上のチャンスが来た!プレミアばかり残ってもあれなのでローマに勝ち上がって欲しいw。やってるサッカーも面白いし。

3.シャルケ vs ○バルセロナ
4.フェネルバフチェ vs ○チェルシー
バルサとチェルシーはまたドローに恵まれたかw

準決勝は1と4、2と3の勝者がそれぞれ対戦

CL決勝T1回戦結果(UEFA)
Get Tom Hicks out of Liverpool Football Club(petitiononline)

(´-`).。oO(ミランvsアーセナルとR・マドリーvsローマが面白かった...シャルケがんばった...)
[PR]
by heppoko_zephyr | 2008-03-14 00:00 | liverpoolやプレミアとか