飯(゚д゚)ウマー(チェルシー0-1りばぽ)
昔の方が選手のレベルが高かったとか、クラブ数が増えて団子状態だからJリーグのレベルが下がってるとか。最近ちょくちょくそんな声を耳にするけれど賛成できないな~。長期スパンでみれば日本人選手のクオリティは確実に上がっているし、戦術的にも洗練されてきていると思う。
確かにマス・メディアが取り上げやすい選手、とくに一流の外国人選手がJに来なくなった。でも一部の選手だけでリーグ全体のレベルを評価できるものではないし、そもそもリーグのレベル(=各クラブの力の平均値)と戦力差(分散)は統計的にリンクするのだろうか?w

C大阪vs仙台のゲームをはじめとして、週末のJが熱かった。でも今週はやっぱり、りばぽ!w

試合前にBBCやSKYのサイトを見てたら、今回はラファが4強対決で勝てないことやチェルシーのホーム86戦無敗のことがかなり取り上げられていた。ここまでともに負けなし、同勝ち点同士の対決というシチュエーション、しかも出足で躓くのが恒例になっていたりばぽだからメディアが盛り上がるのは当然なのかもしれない。
でもアウェーだし、ここまでの内容的によくて引き分けかな~と。ただこれだけ取り上げられるということは、現地では機が熟しつつあるという雰囲気があったのかなと。

これまで勝てはしなかったが、スタンフォード・ブリッジでもそこそこ戦えていた。内容的には勝っていても、ドログバの一発に沈んだこともあった。でもこのゲームは、展開がはまって、なにもかもがうまくいったのかなと。
りばぽがアグレッシブだった時間帯に、アロンソのシュートがディフレクションでゴールに吸い込まれた。そしてアウェーの定跡通り、ボールは支配されてもゲームは支配させないぞという戦い方を目指して、実際にそういう流れと内容のゲームにチェルシーを引きずり込んでいく。その辺りのプロセスが巧で、自分でも意外なほどイージーな気分で試合を見ていた。ドログバやエッシェン、J・コールがいないこともあったが、りばぽ的には90分間を通じてチームの狙いがよく表現された好ゲームだったと思う。

Chelsea 0-1 Liverpool(BBC)
Reds breach the Bridge(SkySports)
Benitez issues warning to rivals(BBC)←スコラーリのコメントが面白い

(´-`).。oO(8勝で得失点差+8...ミラー爺かなり研究されてる...)
[PR]
# by heppoko_zephyr | 2008-10-27 00:00 | liverpoolやプレミアとか
CL第3日目
8試合で36ゴール!!!たくさんのゴールが入ることはいいことだと思う。でもねぇw、2試合しか見ていないが1試合あたり4.5ゴールはいくらなんでも多すぎでしょ。モチベーションに差が出てくる時期に差しかかってきたけれど、最終日までいいゲームをお願いしますよっと。

○ グループE
ビジャレアル 6-3 オールボー、マンU 3-0 セルティック
早くも2強が抜け出し体勢に…

○ グループF
バイエルン 3-0 フィオレンティーナ、ステアウア 3-5 リヨン
クリンスマンのいけいけバイエルンがんばれー

○ グループG
フェネルバフチェ 2-5 アーセナル、ポルト 0-1 D・キエフ
ホーム2つを残すD・キエフが俄然有利に?

○ グループH
ゼニト 1-1 バテボリソフ、ユベントス 2-1 R・マドリー
ユーベとレアルのゲームはお互いの特徴がよく出ていて楽しかった。

前半早々に先制。でもゲームをコントロールしようとするがままならない。この辺りが今シーズンの安定感のなさなんだなあと一人嘆いていたら、案の定終盤に追いつかれてしまう。週末のR・マドリーが同じアトレティコ相手に似たような展開だったが、より攻撃的で守備がいまいちなレアルの方がゲームをコントロールしていたのは、りばぽ的にはなんだかなあ。
なんとも情けない試合振りでのドローは、りばぽらしい脆さというかラファらしいサッカーの弱点というかw。今シーズンはPSMから未だ無敗だけど、さすがにスタンフォード・ブリッジはやばそうな…。

○ グループA
ボルドー 1-0 CFR、チェルシー 1-0 ローマ
スコラーリのチェルシーは面白くて強いのが悔しい。

○ グループB
インテル 1-0 アノルソシス、パナシナイコス 2-2 ブレーメン
ブレーメン残った、残ったw

○ グループC
シャフタール 0-1 スポルティング、バーゼル 0-5 バルセロナ
シャフタールはホームでライバルに敗戦かあ。

○ グループD
アトレティコ・マドリード 1-1 リバプール、PSV 2-0 マルセイユ
[PR]
# by heppoko_zephyr | 2008-10-23 00:00 | 欧州フットボール
ACLとか
今シーズンのJは上位争いと残留争いのクラブにくっきり分かれているが、かつての強豪や古豪が残留争いに巻き込まれたことでその面白さが倍増している。
札幌の降格が29節にして決まってしまった。それでも彼らの戦いぶりは毎試合粘り強く闘志に溢れたもので、どこかで一つ歯車がかみ合えばもしかしたらと思わせてくれるものだったと思う。残念ながら成績は低迷しまったけれど、早く戻って来れますように。
2008 J1 #29 VS 柏(ようつべ)ほか

万博で数名の出場停止者を出した影響があったのかもしれない。そしてホームでもレフェリーの笛との相性は決して良いものではなく、浦和の持ち味である球際の激しさが影を潜めていたように感じた。そうなると攻撃の幅に関してはやっぱりG大阪のが一枚上で、浦和の時間帯をやり過ごすとパスワークがさえ始めての快勝だったかなと。ただ個人的には、後半になって浦和が加えた守備に関する修正が理解できなかったこともあり、監督が採択した戦術ミスという印象が拭えないゲームだった。
ところでJリーグでは浦和もG大阪も同勝ち点で、AFC圏内とは残り5試合で勝ち点差4。もうギリギリの状況に追い詰められている。残留争いも面白いが、こちらも目が離せないのだ。

(´-`).。oO(アデレード強いなあ...今週末はJ2の昇格争いで壮絶な火花が散りそうな...)
[PR]
# by heppoko_zephyr | 2008-10-23 00:00 | Jリーグとか
オシムたんインタビュー
他にいいのが見つからないのと、サンスポだとそのうち消えそうなので、ディト・バック全文残しとく。

死ぬなら自宅で死にたい(サンスポ)

--W杯予選は見ていたか
 「欧州で南米やアフリカ予選、アラブ諸国の衛星放送を見ることはできる。でも、日本の試合は見られなかった。アンテナの角度を変えて、別の衛星からキャッチすればよかったのかもしれない。でも、受信料を払わないと映らない。“闇視聴”の方法は知っているが、それで日本代表をフォローしていると知れ渡ったらまずいでしょう」

 --日本のW杯出場は
 「サッカーのクオリティーからすれば、日本は出場して当然の国だ」

 --日本での現場復帰は
 「もちろん、もっと体調がよくなれば、どこかのクラブで仕事をしたい気持ちはある。ただ、ドクターは100パーセントのゴーサインを言ってくれないだろう。監督というのは、あらゆる試合で100パーセントの自分を投資する。興奮状態になるし、わたしの健康と家族にとってリスクが高い。死ぬなら自宅で死にたい。遠く離れたところでは死にたくない」

 --日本代表での仕事について
 「私の方は協力したいといつも思っている。あとは日本協会がどう思うか」

 --最近の浦和は
 「プレッシャーに勝たないといけない。そういうところを乗り越えて、マンUやバイエルンに近づける。浦和のスタジアムはいつも満員という意味でビッグクラブ。それだけ、ファンは(相手ではなく)自分のチームに期待している」

 --今後のJリーグについて
 「マンU、バイエルン、レアルに似たようなチームができるといい。ドーバー海峡より長い直通トンネルを作ってもらいましょうか。日本だけで満足せず、欧州、南米に追いつこうと考えてほしい。ただ、そんなに大きな差もない。欧州の選手も、のどが渇いてもお湯は飲まない。水を飲む。同じ人間です」

[PR]
# by heppoko_zephyr | 2008-10-23 00:00 | フットボールあれこれ
疲れてりばぽ見逃した…(千葉0-0新潟)
犬サポさんがフクアリの雰囲気が変わったという。赤サポさんからは、かつての駒場みたいだったとも聞いた。新潟(県)にはいろいろ好感を抱いてることもあるので、フクアリまでドライブ~。

かなり早く到着したので、周辺をうろうろ。以前はスタの広場でサッカーボールで遊んでる姿が定番だったフクアリも、今では南側のサッカー教室?でたくさんの子どもたちがボールを蹴っている。そしてその側には熱心な親御さんたちの姿が。この人たちは千葉というクラブの存在なしに、こんな恵まれた環境でサッカーに触れる機会があっただろうか。自分の子どもの頃を思い出してうらやましくなるとともに、日本はまだまだ地道に"club"を増やしてく段階だと思った。
あと来年10月に完成予定の新練習場も期待できそう。隣の商業施設にはフットサルのコートも出来ていて、サッカーをベースにした街作りが始まっているようだ。社長が変わってよかったなと言ったら、嬉しそうに笑ってたやw

カウンターであれポゼッションからスローダウンした流れであれ、新潟の攻撃パターンは比較的単純というか教科書通りの動きが多かったが、とにかく徹底されていた。千葉はボールサイドに枚数をかけて対抗していたが、肝心のボールホルダーへのプレッシングが緩いものだから、新潟が大きな展開から良質な決定機を作っていた。
千葉はホームということもあって勝ちに出ていたのだろう。後半になっても守備を修正するというよりはゴールを目指していたこともあって、新潟のデザインされたカウンターが幾度となく千葉ゴールを脅かす。千葉の時間帯もあったが新潟と違って一度溜めを作ってから攻撃に移ることが多く、新潟の素早い守備ブロックの前にほぼ沈黙。逆にカウンターを喰らうシーンが多かった。内容的には新潟の機能美を感じるゲームで、千葉にはまだ運が残っているのかもしれない。

そしてスタの雰囲気は…。観客が少なかったナビスコの名古屋戦、1点リードされてた時に南側のホーム自由とSAの境目辺りで小学生のちびっこ集団が突然♪ちばーちばーちばーって歌いだした。どう見ても劣勢なチームを懸命にサポートしようとする姿に、日本もここまで来たかあwと感動したものだった。
でもこの日のフクアリは、犬サポさん的には微妙なゲーム内容が影響してたんだろうけど、せっかく1万6千人も入ったのにと思ってしまった。それでも拍手をする人は増えていて、悪くない雰囲気。欲をいえば、例えばシュートを終わって攻撃を終わったとしても、試合展開やゲームの流れ、決定機やシュートの質によって拍手もメリハリがあっていい。チャントも新潟に比べてピッチ上の流れにシンクロしてないというか、歌詞がないものが多くてメッセージ性に乏しいし。がらがらの時代から見てる自分は、そんな雰囲気が決して嫌いじゃないんだけどw

(´-`).。oO(タッパー持参したらJ's Ballおまけしてもらったや...)
[PR]
# by heppoko_zephyr | 2008-10-19 00:00 | Jリーグとか