なでしこ敗退
中国の観客は相変わらずだと聞き、中国のネット中継につないでみた。日本の中継の何倍も聞こえるドイツへの声援を聞き、02WC時にマスコミに煽られてイタリアやベッカムを応援していた日本を思い出す。ホスト国としては拙い対応だったけれど、あれは政治とは無縁の無邪気さで、対戦相手へのリスペクトを欠いたものでなかったよなぁ…。

試合のほうは、ボール支配率こそ互角だったが、ドイツが完璧にゲームをコントロールしていた。ここ数年のなでしこは中心選手に変動がなくチームとしての熟成度も高まっていたが、それでも世界のトップレベルとの差は広がってしまった印象。日本人選手の足元の技術は水準にあっても、とくに決定機を作ることやゴールという点では実効性が低く、どこかで聞いたような…。

アルゼンチンは17時50分スタートで5.3%
[PR]
by heppoko_zephyr | 2007-09-18 00:00 | 日本代表


<< 2006年度経営情報開示をみて まとめて >>